門馬監督、西谷監督など甲子園優勝経験者が4人!選手も指導者も人材豊富な1969年世代

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.18

左:門馬敬治監督(東海大相模)  右:西谷浩一監督(大阪桐蔭)

 東海大相模の門馬敬治監督が12月18日、50歳の誕生日を迎えた。
 野球界で指導者の黄金世代といえば、1969年(昭和44年)といわれる。門馬監督を含め、甲子園優勝もしくは、アマチュア野球で優勝を経験している指導者が多い。

■西谷浩一監督(大阪桐蔭
2008年夏、2012年春夏、2014年夏、2017年春、2018年春夏優勝

■門馬敬治監督(東海大相模
2000年春、2011年春、2015年夏

■岩井隆監督(花咲徳栄
2017年夏優勝

■吉田洸二監督(山梨学院
2009年

■大久保秀昭監督(JX‐ENEOS)
JX‐ENEOS時代 2008年、2012年、2013年都市対抗優勝
慶応大学時代 2019年神宮大会優勝

■古城 隆利監督(日体大)
2017年明治神宮大会優勝

 選手たちでいえば、立浪 和義(元中日 PL学園出身)、片岡篤史(元阪神 PL学園出身)、野村弘樹(元横浜 PL学園出身)、桧山進次郎(元阪神 平安出身)など超一流選手たちが名を連ねる世代だが、指導者でこれほど実績を残した人が多い世代もなかなかない。

 1969年生まれの指導者の方々のマネジメント能力は非常に注目されており、学びたいという方も多い。今後も多くの選手を育て上げ、球界を代表する選手たちを育て上げてくれることだろう。

(記事=河嶋 宗一)

関連記事
東海大相模OBの総年俸は9億超え!来年には10億行く可能性あり!
西谷浩一監督が語る森 友哉の高校時代
光る山梨学院のショート・小吹 悠人の好守備。その守備を作り上げた名伯楽は?

【関連記事】
第1266回 天才・峯本匠(JFE東日本 大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力? 【ニュース - コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」佐倉シニアの恩師が語る東海大相模・西川僚佑 【ニュース - コラム】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1046回 大阪の公立の雄・汎愛に入った「PL学園の血」。ソフトボールの塁間を用いるなど練習は工夫だらけ【野球部訪問】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
細田学園vs花咲徳栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
立浪 和義(PL学園) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
19日の東京都大会は日体大荏原vs都立城東、帝京vs法政大高の一戦に注目!【秋季東京都大会】
次の記事:
最速151キロ右腕・森木 大智(高知2年) 連投準備整え四国大会に挑む!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る