バレンティンはホークスで存在感見せるか。最近10年間のホークスの外国人野手の活躍は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.17

ソフトバンクへの移籍が決まったバレンティン
 

 12月16日、福岡ソフトバンクホークスは、ヤクルトスワローズの保留者名簿を外れていたウラディミール・バレンティンと来季の契約に合意したと発表し、年俸5億円の2年契約、背番号は「4」であることも同時に発表された。

 バレンティンは2011年にソフトバンクホークスに入団すると、2013年にプロ野球記録となるシーズン60本塁打を達成し、在籍9年間でシーズン30本塁打以上を8度も記録してきた。
 来季からは外国人枠から外れて日本人扱いになため、ヤクルトは残留交渉を続けてきたが、保留者名簿の提出期限までに合意に至らず名簿から外れていた。

 最近10年間では、ソフトバンクホークスは34名の外国人選手を獲得した実績があり、そのうち野手は12名になる。今回はその12名の野手を振り返っていき、近年の外国人選手の状況をみていきたい。

クリス・アギーラ 2009年(在籍1年)
ホセ・オーティズ 2009~2011年(在籍3年)
ロベルト・ペタジーニ 2010年(在籍1年)
李机浩 2010年(在籍1年)
アレックス・カブレラ 2011~2012年(在籍2年)
ブランドン・アレン 2012年(在籍1年)
ウィリー・モー・ペーニャ 2012~2013年(在籍2年)
ブライアン・ラヘア 2013年(在籍1年)
李大浩 2014~2015年(在籍2年)
バーバロ・カニザレス 2014~2016年(在籍3年)
アルフレド・デスパイネ 2017~現在
ジュリスベル・グラシアル 2018~現在

 過去の外国人選手を見ていくと、過去10年間で最も活躍しているのは現在在籍しているデスパイネでは無いだろうか。デスパイネは在籍3年間で382試合に出場して打率.253、100本塁打、265打点を記録しており、安定して成績を残している。

 また同じく現在在籍しているグラシアルも、2018年のシーズン途中から加入して157試合に出場。打率.310、37本塁打、98打点を記録しており、非常に優良な助っ人と呼べる存在だ。

 そして2013年オフに、オリックスから移籍した李大浩の存在感も際立つ。在籍2年間で285試合に出場して、打率.291、50本塁打、166打点を記録。巨大戦力の中心を担う存在であった。

 現在のホークスには、前出のデスパイネとグラシアルがいるが、その中でバレンティンが一体どんな打撃をみせるのか。2020年シーズンの、ホークスの注目ポイントとなりそうだ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
ソフトバンクの次なる『育成枠から大出世候補』は尾形 崇斗!独自のメカニズムからの放たれる速球でドクターK襲名へ
アジアウインターリーグで大暴れ! 砂川リチャードは支配下契約を勝ち取れるか
野村大樹が3安打猛打賞! まずは二軍でレギュラーを目指す

【関連記事】
沖縄の勢力図から見て取れる、強さを引き出している要因とは 【ニュース - コラム】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
東京六大学で見つけたプロへの道筋 柳町達(慶應大)は「自信」と「日本一」を手土産にプロの世界へ 【ニュース - 高校野球関連】
第908回 首脳陣も認める努力で掴み取った主力の座 中野堅士郎(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第43回 チームの武器「粘り強さ」で九州大会出場!熊本国府(熊本)のオフシーズン!【冬が僕らを強くする2019】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
高校、大学合わせて8名の日本代表を含め73名が学生野球表彰選手に受賞!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る