12球団最多の独立リーグ出身の支配下登録選手が在籍する埼玉西武!5人に期待したいことは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.13

左から上間永遠、松岡 洸希、岸潤一郎

 埼玉西武ライオンズは12日、所沢市内で新入団選手会見を行った。その中で、本指名で独立リーグ出身の選手が3人指名されているということ。

 今年の新入団選手を含めて、支配下登録選手5名は12球団最多となった。今、独立リーガーの本指名はかなり難しい時代になってきているだけに、この数字の多さは突出している。埼玉西武に所属する独立リーグ出身の選手を下記に紹介していきたい。

伊藤 翔横芝敬愛-徳島インディゴソックス)
・水口 大地(大村工-長崎セインツ-香川オリーブガイナーズ)
松岡 洸希桶川西-武蔵ヒートベアーズ)
上間 永遠柳ヶ浦-徳島インディゴソックス)
岸 潤一郎明徳義塾-徳島インディゴソックス)

 その中で新入団の松岡、上間、岸の3人の期待は高い。松岡は発表会でMCからの説明もあったように潮崎編成グループディレクターがほれ込んだ速球派サイドハンド。上間は19歳ながら、周りに惑われるされることなく、その日の調子によって最善のピッチングができる先発型。岸はかつて明徳義塾は二刀流として活躍したスター選手で、徳島インディゴソックス入団後は内外野を守れるユーティリティプレイヤーとして活躍し、「観客が多いときほど燃える」と語るように観客が多かった試合ほど結果を残す勝負強さも魅力だ。

 埼玉西武はカテゴリ関係なく良いと思った選手を上位で指名する姿勢は評価ができる。ただ独立リーガーの指名が続くのもこの5人の活躍次第となる。だからこそこの5人は自分の野球人生だけではなく、独立リーガーの価値も高めるためにもぜひ来季の活躍を期待したい。


関連記事
上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道
岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」
埼玉西武ライオンズ・伊藤 翔 開幕一軍入りで開けた 「独立リーグ経由NPB」の選択肢

【関連記事】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
巻き返しはここからだ!プロ入り目指して再スタートを切る、17人の逸材を紹介! 【ニュース - コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座

コメントを投稿する

次の記事:
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る