まさに死闘!馬場記者が選ぶ、2019夏の甲子園 ベストゲームはこれだ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.28

奥川泰伸(星稜)※写真は共同通信

 今年も高校野球では数多くの名勝負が生まれた。その中でベストゲームを選ぶとすれば、夏の甲子園3回戦の星稜智辯和歌山だろう。

 星稜は中学で日本一に輝いた奥川 恭伸山瀬 慎之助のバッテリーを擁する優勝候補。
 智辯和歌山は5季連続で甲子園に出場した黒川 史陽東妻 純平西川 晋太郎といったタレントを揃えており、白熱した好勝負が期待された。

 この試合では先発した奥川が絶好調。4回までパーフェクトに抑え、7奪三振と強打の智辯和歌山を寄せ付けなかった。
 対する智辯和歌山は奥川との投げ合いを直訴した小林 樹斗が今大会初先発。1回、2回は得点圏に走者を背負いながらも粘り強い投球を見せていたが、4回裏に山瀬に犠牲フライを打たれて降板となった。

 絶好調の奥川相手の1点は重かったが、智辯和歌山は6回表に相手の失策からチャンスを作ると、西川の適時打で試合を振り出しに戻した。その裏からはエースの池田 陽佑が登板。奥川に負けない熱投を見せた。

 試合は互いに譲り合うことなく、延長戦に突入。終わりの見えない投手戦が続くと思われたが、11回表に奥川が右足を攣るアクシデントに見舞われる。
 その中で相手の黒川が熱中症対策の錠剤を渡して世間から称賛されたことも話題になった。

 選手の体を考えれば早く終わらせてあげたいが、まだまだこの2チームの試合を見ていたい。そんな矛盾した思いを感じながら記者席で戦況を見つめていた。

 12回でも決着がつかず、決着はタイブレークに持ち込まれることになった。無死一、二塁と得点の入りやすいケースだが、奥川、池田ともに送りバントすら決めさせず、得点が入らない。
 体が限界を迎えているはずの奥川はタイブレークになっても150キロ超えの速球を連発。いったいどこにそんな力があるのだろうかと思わされた。

 永遠に続くのではないかと思っていた試合は突然、終わりを告げる。

 14回裏、一死一、二塁から6番・福本 陽生が左中間に3ラン本塁打を放って星稜のサヨナラ勝ち。
 負けた智辯和歌山の選手だけでなく、勝った側の奥川や福本の目に光るものがあった。

 勝ち負けを超えた激闘の跡が彼らの表情から見て取れた。彼らが繰り広げた熱戦は間違いなく後世にも語り継がれるだろう。

(記事=馬場 遼)


関連記事
【レポート】第101回全国高等学校野球選手権大会三回戦 星稜vs智辯和歌山
記録にも記憶にも残る奥川恭伸のピッチング。奥川は伝説の投手になった
【インタビュー】149キロ右腕・池田陽佑(智辯和歌山)の原点。投手人生のスタートは13歳の誕生日から【前編】

【関連記事】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月30日の選抜甲子園 東邦、明石商、智辯和歌山の3校が順当に8強へ 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
池田 陽佑(智辯和歌山) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
小林 樹斗(智辯和歌山) 【選手名鑑】
西川 晋太郎(智辯和歌山) 【選手名鑑】
福本 陽生(星稜) 【選手名鑑】
山瀬 慎之助(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
初タイブレーク、指宿商が制す! 加治木はシードれいめいに競り勝つ【選手権鹿児島大会・19日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る