プロ25選手が参加!愛・野球博presents 「ベースボールクリスマス2019in愛媛」四国で初開催!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.09

子どもたちとキャッチボールを楽しむ参加25選手

 2019年12月8日(日)愛媛県西条市にある四国屈指の屋内運動場である西条市東予運動公園「ビバ・スポルティアSAIJO」においてNPB全12球団25選手、NPB審判員4名にOBの内藤 尚行氏、野口 茂樹氏らが参加しての「えひめ愛・野球博presents ベースボールクリスマス2019in愛媛」が開催された。

 これは「野球」の言葉を編み出した俳人・正岡 子規ら過去に数々の野球人を生み出し、各年代で全国制覇を遂げてきた野球王国・愛媛の発展や地域活性化を図るため、全国初の「野球」をテーマとしたスポーツ・文化両面にわたるイベント等を行うべく2018年から3年間の会期で開催されている「えひめ愛・野球博」に対し「一般社団法人日本プロ野球選手会が子どもたちに野球を伝えていきたいと考えている私たちの気持ちを受け止めてくれて」(中村 時広・愛媛県知事)、一般社団法人日本プロ野球選手会と愛・野球博実行委員会の共催により四国内で初開催となったもの。

 この日は家族連れを中心とした約5,000人の観衆が集結。午前中は「ゆうボール」を使った全25選手たちとのキャッチボールや、愛媛銀行Presents選手トークショーでの秋山 拓巳西条卒・阪神タイガース)、平井 諒帝京第五卒・東京ヤクルトスワローズ)、安樂 智大済美卒・東北楽天ゴールデンイーグルス)、アドゥワ 誠松山聖陵卒・広島東洋カープ)、土居 豪人松山聖陵卒・千葉ロッテマリーンズ)といった愛媛県高卒5投手による軽妙なトークで楽しんだ。

 午後からはブルペンからの投球でNPB審判員たちの「ストライク!」コールを受ける「伊予銀行Presents審判にジャッジしてもらおう!」など各ブーツ趣向を凝らしたメニューが並ぶ中、中央の競技エリアではJA共催presents12球団対抗タオルしっぽ取りゲームなど2種目のゲームを開催。ここでは「徳島インディゴソックス時代に子どもたちに野球を教えていたことを思い出した」増田 大輝(読売ジャイアンツ)らが子どもたちとはしゃぎあいながら真剣勝負することの大切さを教えていた。

 かくして「まずは普段いけない地方に行って子どもたちが野球に興味を持ってほしいと思っている中で、子どもたちが楽しんでくれたことがうれしい」と大島 洋平(中日ドラゴンズ)前・一般社団法人日本プロ野球選手会理事長も笑顔で語った6時間はあっという間に終了。25選手たちは「久々に地元へ帰ってきて応援してくれることがわかったので、気持ちを強く持って来季に臨みたい」秋山をはじめ、2020年シーズンへの意気を新たにして、四国の連峰とひうち灘を同時に臨む「ビバ・スポルティアSAIJO」を後にしている。

(記事=寺下 友徳

【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
3番遊撃手の宇佐川は愛媛MPへ!安楽(現楽天)を擁しセンバツ準優勝を果たした2013年の済美ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第24回 高校野球ラストステージから「大卒プロへ」走り出す糸川 亮太(立正大)の3日間【四国発】
第119回 3年生座談会 新居浜南高等学校(愛媛) 「みんなで」つかんだ、愛媛大会初ベスト8【後編】【僕らの熱い夏2017】
宮崎南vs済美【2014年 練習試合(交流試合)】
済美vs妻【2014年 練習試合(交流試合)】

コメントを投稿する

次の記事:
154キロ計測の奥川恭伸、初登板初勝利の西純矢ら高卒新人投手8人がデビュー
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る