東京六大学全チームの主将が決定!早慶からはドラフト上位候補・早川、守備職人・瀬戸西などが就任

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.03

瀬戸西純(慶応義塾大)と早川隆久(早稲田大)

 明治神宮大会を制した慶応義塾大が所属する東京六大学野球。神宮球場を舞台に各校が熱い戦いを繰り広げているが、新チームの主将が全チーム出揃った。そこで今回は簡単にはなるが、各校の主将を紹介していきたい。

慶応義塾大:瀬戸西 純慶應義塾出身)
 慶應義塾時代は3年生の夏に公家 響(現明治大)がいた横浜の前に3対9で敗戦。惜しくも甲子園を逃したが、大学進学後は1年生春からリーグ戦に出場している。高校からの同期で副将の木澤 尚文とともに学生野球最後の1年に挑む。

法政大:中村 迅常総学院出身)
 茨城の名門・常総学院時代は3年の夏にエース・鈴木 昭汰(現法政大)とともにベスト8進出に貢献。法政大進学後はなかなか出場機会が巡ってこなかったが、3年生になるとリーグ戦への出場を果たしている。

早稲田大:早川 隆久木更津総合出身)
 木更津総合時代は甲子園ベスト8、さらにU-18も経験。周りからの期待を受けて進学してきた、世代屈指の好投手。1年生の春からリーグ戦で登板して、ここまで7勝12敗と負けが先行しているが、学生野球ラストイヤーでの飛躍に注目が集まる。

立教大:宮慎太朗(市立船橋出身)
 市立船橋では3年生の夏に千葉大会決勝戦進出。木更津総合早川 隆久(現早稲田大)相手に8回まで2対2の接戦を演じるも、最終回に勝ち越しを許し、9年ぶりの甲子園を逃している。立教大では2年生の春にリーグ戦初出場を果たして主将に就任した。

明治大:公家 響横浜出身)
 横浜から明治大へ進学。3年生の夏にはエース・藤平 尚真(現楽天イーグルス)とともに甲子園に出場。初戦の東北戦ではホームランを放つ活躍。続く履正社の前に敗れたがインパクトを残した公家は2年生の秋から出場機会を獲得して主将となった。

東京大:笠原 健吾湘南出身)
 湘南高校から東大へ進学。高校時代は持ち前のバットコントロールの良さと、広い守備範囲を武器にチームを牽引。夏の大会5回戦で桐光学園に3対10で敗戦したが、東京大では1年生の秋からリーグ戦に出続けている。

 彼らを中心に2020年の六大学野球はどのような戦いを見せてくれるのか、来春の神宮球場も見逃せない。

(記事=編集部)

関連記事
慶應義塾新幹部が発表!瀬戸西、木澤、嶋田の実力派が就任!
U18代表の飯塚 脩人(習志野)を筆頭に今年の早稲田大スポーツ推薦合格者4名の顔ぶれが豪華すぎる!!
18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く

【関連記事】
奥川ら続々とデビューする2019年の高校BIG4。残すは佐々木朗木のみ 【ニュース - 高校野球関連】
菊池雄星、大谷翔平、佐々木朗希と豪腕名投手輩出県!岩手県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
球数制限問題
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
なぜ仙台育英は、スーパー1年生を起用しなかったのか?初戦敗退の裏に迫る
次の記事:
昨秋の神宮大会王者・中京大中京が8回コールド勝ち発進!公式戦無敗はまだ続く
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る