東京六大学全チームの主将が決定!早慶からはドラフト上位候補・早川、守備職人・瀬戸西などが就任

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.03

瀬戸西純(慶応義塾大)と早川隆久(早稲田大)

 明治神宮大会を制した慶応義塾大が所属する東京六大学野球。神宮球場を舞台に各校が熱い戦いを繰り広げているが、新チームの主将が全チーム出揃った。そこで今回は簡単にはなるが、各校の主将を紹介していきたい。

慶応義塾大:瀬戸西 純慶應義塾出身)
 慶應義塾時代は3年生の夏に公家 響(現明治大)がいた横浜の前に3対9で敗戦。惜しくも甲子園を逃したが、大学進学後は1年生春からリーグ戦に出場している。高校からの同期で副将の木澤 尚文とともに学生野球最後の1年に挑む。

法政大:中村 迅常総学院出身)
 茨城の名門・常総学院時代は3年の夏にエース・鈴木 昭汰(現法政大)とともにベスト8進出に貢献。法政大進学後はなかなか出場機会が巡ってこなかったが、3年生になるとリーグ戦への出場を果たしている。

早稲田大:早川 隆久木更津総合出身)
 木更津総合時代は甲子園ベスト8、さらにU-18も経験。周りからの期待を受けて進学してきた、世代屈指の好投手。1年生の春からリーグ戦で登板して、ここまで7勝12敗と負けが先行しているが、学生野球ラストイヤーでの飛躍に注目が集まる。

立教大:宮慎太朗(市立船橋出身)
 市立船橋では3年生の夏に千葉大会決勝戦進出。木更津総合早川 隆久(現早稲田大)相手に8回まで2対2の接戦を演じるも、最終回に勝ち越しを許し、9年ぶりの甲子園を逃している。立教大では2年生の春にリーグ戦初出場を果たして主将に就任した。

明治大:公家 響横浜出身)
 横浜から明治大へ進学。3年生の夏にはエース・藤平 尚真(現楽天イーグルス)とともに甲子園に出場。初戦の東北戦ではホームランを放つ活躍。続く履正社の前に敗れたがインパクトを残した公家は2年生の秋から出場機会を獲得して主将となった。

東京大:笠原 健吾湘南出身)
 湘南高校から東大へ進学。高校時代は持ち前のバットコントロールの良さと、広い守備範囲を武器にチームを牽引。夏の大会5回戦で桐光学園に3対10で敗戦したが、東京大では1年生の秋からリーグ戦に出続けている。

 彼らを中心に2020年の六大学野球はどのような戦いを見せてくれるのか、来春の神宮球場も見逃せない。

(記事=編集部)

関連記事
慶應義塾新幹部が発表!瀬戸西、木澤、嶋田の実力派が就任!
U18代表の飯塚 脩人(習志野)を筆頭に今年の早稲田大スポーツ推薦合格者4名の顔ぶれが豪華すぎる!!
18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く

【関連記事】
高校野球界を代表する名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限の意義や問題点 【ニュース - コラム】
500球ルール、登板間隔を当てはめると改めて素晴らしかった佐々木朗希の投手運用! 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
球数制限問題
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
日高中津、南部龍神、和歌山高専、有田中央が2回戦突破!【和歌山大会 16日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る