500球ルール、登板間隔を当てはめると改めて素晴らしかった佐々木朗希の投手運用!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.03

佐々木朗希(大船渡-千葉ロッテ1位)

 この500球以内問題でどうしても取り上げたい投手がいる。それが佐々木 朗希大船渡-千葉ロッテ1位)だ。佐々木の起用をめぐって議論が過熱したが、では500球ルールに基づいて考えていきたい。

7月16日(火)対遠野緑峰戦 2回19球 
中1日

7月18日(木)対一戸戦 6回93球 累計112球
中2日

7月21日(月)対盛岡四戦 12回194球 累計306球
7月21日をもって球数をいったんリセット。最後に登板したのが中2日を置いた準決勝の一関工戦だった。

7月24日(木)対一関工戦 9回129球 

 4試合の合計球数は435球に終わっている。このように球数を収めることができたのは、登板回避の試合を設けたことが大きいだろう。さらに中0日で連投する可能性があった4回戦から準々決勝も登板させず、必ず中1日以上、間隔を空けて登板させているのだ。

 日程がタイトになるこの夏の大会でこの運用は高校野球の基準で考えると、素晴らしいといえるし、佐々木は肩、肘の状態を考えて起用できる指導者に恵まれた。それが順調に才能を育んだといえる。

 世間を騒がせる才能を持った逸材を故障なく送り出すことはかなりプレッシャーのかかること。起用1つで、ここまで騒がせた投手はなかなか記憶はない。

 そういう中でも、多くの学校の球数を比較しながら見てみると、大船渡サイドの管理の素晴らしさがうかがえる。

 500球ルールの導入により、令和の高校野球は、理性と戦略性を持った投手管理が求められる時代になってきた。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
宮城大弥(興南)の例から見ても分かる500球以内ルールが今までと変わらない理由
決勝戦で登板回避の佐々木朗希 監督が語ったその理由
「大船渡を選んでよかった」佐々木朗希、高校野球最後の日に語った言葉

【関連記事】
高校野球界を代表する名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限の意義や問題点 【ニュース - コラム】
東京六大学全チームの主将が決定!早慶からはドラフト上位候補・早川、守備職人・瀬戸西などが就任 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
球数制限問題
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る