宮城大弥(興南)の例から見ても分かる500球以内ルールが今までと変わらない理由

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.03

宮城大弥(興南)

 今、話題になっている「1週間500球以内」問題。著名人のコメントにより、さらにこの問題は熱くなっている。

 もう一度、このルール。甲子園だけではなく、地方大会の例を見て考えていきたい。地方大会は甲子園に比べて、ずっと日程がタイト。そうなると、短い間隔で投げることになるので、そのデッドラインに達しやすい。

 今回は宮城 大弥興南-オリックス)の2019年の九州大会の例を考えてみたい。まず宮城が九州大会4試合で全試合に登板。
4月21日(日)対神村学園戦 9回144球 
中0日

4月22日(月)対筑陽学園戦 5回56球 
中2日

4月25日(木)対大分戦 4回43球 
中0日

4月26日(金)対西日本短大附戦 9回130球 

 登板4試合の合計球数は373球。こう並べてみると、結構投げているように見えるが、500球ルールに基づくと、規定に収まっているのである。

 ただ6日間で4試合を投げているのである。全く意味合いが変わってくる。

 著名人のコメントを抜粋すると、「500球以内」にすると、先発完投する投手が出なくなるというコメントがあったが、宮城の例を見ると完投はできる。球数制限を以前から推し進めてきた著名人から批判の声が上がっているが、こうして球数、日程を可視化すると、納得できる方も多いのではないだろうか。

 春の地方大会はこうしてまとめて開催するケースが非常に多い。この大会、甲子園に直結した大会ではないので、広い視野をもって、投手育成ができる機会でもある。ルール上、宮城のような運用は確かにできる。ただ、これから選手育成のために、投手起用の在り方が問われているのではないだろうか。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
来春の選抜から1週間500球以内に!昨春優勝の東邦から見えるエースをうまく使うコツ
来春の選抜から1週間500球以内に!選抜準優勝の習志野の投手運用は理想的だった
興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ

【関連記事】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
俳優・吉村卓也氏が今年のドラフト会議を振り返る!成功した球団はどこだ? 【ニュース - コラム】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
巨人のドラ1堀田賢慎の母校・青森山田高校のOBは? 【ニュース - 高校野球関連】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第4回 1年夏に鮮烈デビュー!興南期待の新主将・西里颯のポテンシャル【沖縄の高校野球】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る