来春の選抜から導入!球数制限問題の重要性を確認しよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.01

左から川村卓監督(筑波大)、古島弘三医師

来春の選抜から導入!球数制限問題の重要性を確認しよう!

 11月29日、日本高野連が来春の選抜から球数制限を導入することを決めた。具体的には、1人の投手が1週間で投げられるのは合計で500球まで(打者との対決が完了するまで)となっており、3年間の試行期間とするため、罰則等はないが、高校野球にとって大きな変革となった。

 また3連戦を回避した大会日程の設定や申告敬遠の導入など、来春の選抜から高校野球界は転換期となりそうだ。そこで今回は、これまで高校野球ドットコムで取り扱ってきた球数制限の記事を一覧でまとめてみた。これを読んで、球数制限がどれだけ重要なファクターとなるのか、確認してはどうだろうか。

球数制限問題コラム一覧

手術件数年間200件、「球数制限はせざるを得ない状況になっている」
古島弘三医師 インタビューVol.1

「球数制限の前に良い投球フォーム」という声に古島医師の見解は?
インタビューVol.2

「大会前の追い込み練習はマイナスでしかない」
古島弘三医師 インタビューVol.3

「球数制限を行う健大高崎から学べるもの」
古島弘三医師 インタビューVol.4

「指導者が変わらなければ野球界は変わらない」
古島弘三医師 インタビューVol.5

大学野球に進んだ投手で故障の経験がない投手はほとんどいない
川村卓監督(筑波大)が現状を語る vol.1

筑波大は選手1人1人にあった球数制限を導入して重大な怪我を防ぐ
筑波大・川村卓監督が指導者へメッセージvol.2

指導者と医療関係者の協力は必要不可欠
筑波大・川村卓監督が語るアマチュア野球の現状 vol.3

【関連記事】
第38回 「球数制限導入」目前!星稜・奥川、智弁和歌山・池田らエース起用はどうする?各校の取り組みと日程問題【101回大会特集】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る