• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 清原監督絶賛の快投を見せた高木勇人(前埼玉西武)がワールドトライアウトMVP!今後は海外でプレーすることも検討!

清原監督絶賛の快投を見せた高木勇人(前埼玉西武)がワールドトライアウトMVP!今後は海外でプレーすることも検討!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.30

ワールドトライアウトで快投を見せた高木勇人(前埼玉西武)

 11月30日、ワールドトライアウト本選が明治神宮球場で開催された。清原和博氏の登場、元NPB選手、海外選手の出場に大盛況でイベントを終えた。その中でMVPに選ばれたのが高木 勇人(元埼玉西武)だった。プロ5年間で、通算16勝。今年は一軍登板2試合、防御率7.71に終わり、戦力外通告を受けた。

 まだ30歳。現役に強いこだわりを見せる高木はチャンスをかけてこのワールドトライアウトに臨んだ。試合前のブルペンから少しずつ緊張をほぐしていったが、登板前にインタビュー。

 「やったことがないような経験でしたので、不安がありました」というが、マウンドに立てばいつもの自分に戻っていた。

 「自分のようなタイプは制球が乱れてしまえば勝負にならないので、自分らしくできたかなと思いました」という言葉通り、コンパクトなテークバックから常時130キロ後半~142キロの速球、125キロ前後のスライダー、100キロ台のカーブを織り交ぜ、2回無失点。特に2回はエラーで無死二塁のピンチを招いても動じずに落ち着いたピッチングで試合を作った。

 「走者を出しましたが、この時、走者を還さないという気持ちよりも、まずはできることをしっかりやろうと考えました。その結果が抑えたと思います」

 今回のワールドトライアウトは高木より速い投手は多くいたが、それでもテンポよく、無理なくストライクを取り、ピッチングを組み立てる投球は老獪さがあり、さすが一軍で計77試合、16勝を挙げた投手だと納得させるものがあった。MVPに高木を選んだ清原和博監督からも「一番良かったので」とお墨付きをいただいた。

 今後はNPBを基本に置きながら海外でプレーすることも模索している高木。
 「野球は好きですし、もっと極めたいんです」

 投球術、メンタルも成熟した高木勇人。世界まで基準に置くのならば、まだまだ活躍の場はある。そう思わせる快投劇だった。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
群馬のホームランアーチスト、徳島の速球派サイド・箭内などワールドトライアウトに参加する実力者たち
ワールドトライアウトでは格の違いを見せた右サイドハンド・箭内翔太(徳島インディゴソックス)!
清原和博さん 久しぶりの野球場での登場。「やはりファンの皆様の声援は力になる」

【関連記事】
【動画】 箭内翔太(徳島インディゴソックス)がワールドトライアウトで快投! 【ニュース - 高校野球関連】
ワールドトライアウトで見つけた好投手たち 元NPBの高木や、MIP賞の箭内たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第5回 清宮幸太郎が塗り替えるか?! この春、挑戦したいセンバツの大会記録とは?【データで楽しむ高校野球】
第80回 夏の終わりにベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の軌跡』【夏の大会特集2016】
第69回 甲子園の歴代スラッガーを振り返る!驚きのホームラン記録は?【夏の大会特集2016】
第3回 KKコンビだけじゃない!PL学園が生んだ甲子園のヒーローたち【PL学園の足跡】
第10回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行(大阪府)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
高木 勇人(海星) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、都立国立が都大会へ!日体大荏原と都立城東がコールド勝ちした試合を徹底レポート!【14日 東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る