11月14日、埼玉県営大宮公園野球場で高校球児が中学生に野球の指導を行うイベント『彩の国野球フェスティバル2019』が行われ、埼玉県内トップレベルの高校球児32名が中学生約200名に指導を行った。

 イベントには、春日部共栄のエースとして選抜甲子園に出場した村田 賢一も参加。花咲徳栄菅原 謙伸らとともに打撃指導などを熱心に行い、また高校生によるエキシビジョンでは中学生に囲まれる中でピッチングを披露。ここで村田は何と最速144キロを記録し、中学生たちを大きく沸かせた。

 イベント後、村田は充実した表情を浮かべて、中学生への指導を振り返った。
 「楽しかったですが、教える難しさも感じました。なかなか自分が思っていることと、中学生が思ってることは一致しないので、そこが教える難しさかなと。普段ご指導いただいている指導者に皆さんにも改めて感謝したいと思いました」

 また村田が教えたのは技術だけではない。プレー以外の面でもしっかりと指導を行っていき、野球人としてのあるべき姿を中学生に示した。 「身の回りのことが一番かなと思ったので、例えばプレートをキレイにするだとか、グローブを並べるだとか、そういったことは大事に言いましたね」



中学生に指導を行う村田賢一(春日部共栄)

 春日部共栄を卒業後は大学に進学する予定で、今度は舞台を大学野球に移す。現在は明治神宮球場での活躍を目指して練習を積んでおり、大学野球に向けての意気込みも語った。

 「今は自分が足りない所だったり、自分に必要なことを考えてトレーニングをやっています。
 大学では、日本一を決める大会が2つ(大学野球選手権大会、明治神宮大会)あるので、両方で優勝してそのままプロに行きたいなと思います」

 選抜甲子園では1回戦で高松商に敗れ、また夏の選手権埼玉大会でも準々決勝で敗れるなど悔しさが残る高校野球となった村田。それでも、最速146キロの速球を投げれる馬力に加えて、多彩な変化球を投げることが出来る器用さは大きな魅力である。
 大学では高校時代の悔しさを晴らし、そしてその先にある栄光を掴むことができるか。村田の大学野球での活躍に注目だ。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
群馬のホームランアーチスト、徳島の速球派サイド・箭内などワールドトライアウトに参加する実力者たち
ワールドトライアウトでは格の違いを見せた右サイドハンド・箭内翔太(徳島インディゴソックス)!
清原和博さん 久しぶりの野球場での登場。「やはりファンの皆様の声援は力になる」