• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 「フライボールって実際正しいの?」打撃の基本的な構造を解説!殖栗正登トレーナーバッティングメカニズムvol.4

「フライボールって実際正しいの?」打撃の基本的な構造を解説!殖栗正登トレーナーバッティングメカニズムvol.4

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.29

 殖栗正登トレーナーによるバッティングメカニズム!第4回の今回は、「基本的なバッティングの概要」について解説していただきます!

 バッティングを語る上で、まずこれだけは知っておかないといけない!そんな内容を解説していただきました。それでは早速、ご覧下さい。

◆殖栗トレーナーのバッティング特集◆
バッティングメカニズムvol.1「バッティングは3つの回転軸で成り立っている!」
バッティングメカニズムvol.2「打撃の「軸」は3つを実践していこう!」
バッティングメカニズムvol.3「是非覚えたい「バレルゾーン」について解説!」

【関連記事】
声だけで木更津総合のベンチに入った男・比護涼真(現・関東学園大)の魅力 【ニュース - コラム】
「土台」から「正しい指導」への基本原則 殖栗 正登トレーナーが指導者講習会で説いた事 【ニュース - コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第133回 バッティングメカニズムvol.1 バッティングは3つの回転軸で成り立っている!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第7回 しっかりひっかくことができたら後は「ポン」【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第6回 引っ掻いて、丸描いて、ポン投げの「丸描いて」の部分は耳の裏で描く!【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第5回 155キロプロジェクト第5弾!選手がスキル化していることをフォームに落とし込む【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】
第34回 ボディバランス整体院 院長 殖栗 正登先生 【2009年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
選手主体の練習で強豪を破れ!東北学院(宮城)の冬トレは、夏をイメージしながら!
次の記事:
最速150キロデビューの及川雅貴(横浜出身)!高校時代から進化したポイントと今後の課題
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る