• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 12名のプロ野球選手輩出の名門・中本牧シニアが誇る捕手・玉城陽希(U-15代表)は先輩たちに続くことはできるか?

12名のプロ野球選手輩出の名門・中本牧シニアが誇る捕手・玉城陽希(U-15代表)は先輩たちに続くことはできるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.28

玉城陽希(中本牧シニア)

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

 2試合に捕手として出場し、4打数1安打1打点の成績を残した中本牧シニアの玉城陽希は、自らの成績に悔しさを口にしつつも、チームが優勝出来たことには素直に喜びを語った。

 「自分の結果は別として、必ず優勝しないといけない中で大会に入って、優勝という結果が出たことは良かったと思います」

 だがその一方で、「自分の実力はまだまだだとわかった」とも語る玉城。
 打撃では海外の投手の動く球に苦戦し、また捕手としても様々なタイプの投手とバッテリーを組むことでキャッチングやブロッキングに課題を残した。

 「バッティング面では、そういった(動く)ボールへの対応力を高めていかないといけないと思いましたし、キャッチャーとしても色んな変化球を見てしっかり対応していかないと行けないなと思いました。やはり「捕る」ことはキャッチャーにとって一番の基本だと思っているので さらにその力を向上させていきたいなと思いました」

 来春からは高校野球の舞台に踏み出していくことになるが、玉城は今のままでは通用しないと危機感を持っている。U-15日本代表の中で出た課題を高校入学までに克服し、冬の期間での更なるレベルアップを誓った。

 「みんな本当に高いレベルで、自分の実力はまだまだということが改めて分かりました。高校入るまでの間にしっかり練習して、次のステージでも結果を出せるように練習していきたいなと思います 」

 中本牧シニアこれまで12名のプロ野球選手を輩出しており、慶應大学野球部の新主将に瀬戸西純が就任するなどOBの活躍も目覚ましい。日本代表の経験を活かして、玉城も活躍を見せることができるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
元横浜DeNAベイスターズ小池正晃氏の息子・小池祐吏(中本牧リトルシニア)にインタビュー
【試合レポート】浦和シニアがタイブレークの激戦を制す!中本牧シニアも潜在能力の高さを見せる
祖父譲りのプレッシャーの強さ!楽天・渡辺佳明は厳しい環境でこそ輝く

【関連記事】
U-15代表の田上遼平(世田谷西シニア) ジャイアンツカップ優勝、アジアナンバーワンの実績を引っさげて高校野球へ 【ニュース - 中学野球関連】
2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地を紹介!選抜甲子園には5名が出場の可能性 【ニュース - コラム】
第972回 2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地 選抜甲子園には5名が出場の可能性【高校野球コラム】
U-15日本代表vsフィリピン代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vsチャイニーズ・タイペイ代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
第1028回 父の背中を追う小池祐吏(中本牧シニア) 「親子二代」でのジャイアンツカップ、甲子園制覇へ 【2019年インタビュー】
第909回 責任感と自覚が芽生えた「負けず嫌いなムードメーカー」 角田蒼汰(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
U-15アジアチャレンジマッチ2019

コメントを投稿する

前の記事:
明石商vs高砂、神戸国際vs育英の激アツの兵庫準決勝!2試合の見どころ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る