決勝で「大人な投球」を見せた中京大中京・高橋宏斗 現状はリリーフタイプも成長が見逃せない

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.22

中京大中京の高橋宏斗

 11月20日、明治神宮大会高校の部は、中京大中京健大高崎に4対3と競り勝ち初優勝を飾った。

 中京大中京のエースで最速148キロ右腕の高橋 宏斗は、4対3と1点リードの6回から登板。4回を無安打無失点に抑え、優勝に大きく貢献した。

 「ブルペンからあまり調子が良くなく、スピードも球の走りもいまひとつでした。変化球中心で打たせて取ることを意識しました」

 この日見せたのは対応力の高さであった。
 これまでは「松坂より上」と評される最速148キロの直球を軸に、明徳義塾天理といった強豪をパワーピッチングでねじ伏せてきたが、自らの調子が悪いと見るとスタイルを変えて変化球中心の配球に切り替えた。

 この日の最速は144キロと自己最速からは4キロ遅く、奪三振も0。それでも曲がりの大きなスライダーに、夏から投げ始めたカットボールを駆使して、健大高崎打線に隙を与えなかった。

 「夏の大会ではストレート一本で勝負してあたので、もう一度変化球を覚えなおそうと夏から取り組んできました。そこで『一球で打ち取れるボール』としてカットボールを覚えました」

 もちろん、課題もまだまだ多い。
 真っすぐはフォームに間がなく打者から見やすいことや、スライダーを投げる際に回転が横振りなる点も目に付く。どちらかと言えば、フォームの完成度はまだまだこれからの荒削りなタイプの投手だ。

 現状では、西村 天裕(日本ハム)や森原康平(東北楽天)のような、リリーフタイプのイメージが見えてくるが、それでも高校生の成長は計り知れないものがある。
 高橋はこれからどのような成長曲線を描くのか、まずは一冬越えた選抜でのピッチングに注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
【愛知】中京大中京が4年ぶり優勝!154キロ右腕・高橋宏斗が完璧リリーフ!<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs春日丘【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
最速152キロは必然。急成長を続ける高橋宏斗(中京大中京)は高校生ナンバーワンのスケール 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs栄徳【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第116回 交流試合の最注目株・中京大中京期待の「5人衆」をピックアップ!【高校野球コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
高橋 宏斗(中京大中京) 【選手名鑑】
中京大中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る