ネイルサロンで爪のケアは中学3年時から。徹底したこだわり持つ天理の大型右腕・達孝太、神宮4強に導く!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.19

爪を綺麗にコーティングしている達孝太(天理)

 11月18日に行われた明治神宮大会準決勝の中京大中京天理の試合は激しい乱打戦の末、中京大中京が10対9で勝利した。

 敗れた天理は、先発した大型右腕の達 孝太が7回を投げて5失点と強打の中京大中京打線を相手に苦しい投球が続いたが、それでも中盤以降は高い修正能力を見せるなど爪痕は十分に残した。

 そんな達は、ピッチングだけでは無く爪のケアにも強いこだわりを見せている。
 手元を見ると、爪には素人が簡易的に施したとは思えないような綺麗なコーティングがされており、爪について質問が飛ぶと定期的にネイルサロンに通っていることを明かした。

 「ネイルサロンに行って、透明で固めてくださいと言っています。(お店は)難波まで行っています。整骨院も難波に行ってるので一緒に行っています」

 達がネイルサロンに通い始めたのは何と中学3年から。フォークを投げるためにボールを挟んで投げていたところ、爪にボールが引っかかり割れた経験があったためだ。
 爪を強化する必要性を感じた達は、誰に言われた訳でも無く、自らネイルサロンに通い始めたのだ。

 「3週間に1回ぐらいの頻度で行っています。(スポーツ専門のお店などではなく)普通のネイルサロンです」

 身長が192センチもあるなどスケールの大きさに注目が集まっている達だが、選出が濃厚である選抜甲子園大会では是非「手元」にも注目していただきたい。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
【2020選抜】名門校ずらり!代表校決定直前に過去5年の近畿地区”残り2枠”を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
選抜出場候補131校決まる 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
達 孝太(天理) 【選手名鑑】
天理 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
野球に必要な動体視力を鍛える
次の記事:
アグレッシブベースボールを継承する小松勇輝(東海大)!東海大相模の魂を胸にさらなる飛躍を目指す!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る