山田健太の守備の師匠!大阪桐蔭出身・坂之下晴人(関西大)の守備のポイントは左足にあった!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.19

坂之下晴人(関西大)

 大阪桐蔭の選手といえば、剛腕ピッチャーや、スラッガーが多い印象が強いが、守備の名手というとどうだろう?大阪桐蔭の最強時代を築き上げてきた一人・セカンドの坂之下 晴人を覚えているだろうか。

 坂之下は、福井 章吾(慶応大・2年)や山本ダンテ武蔵(国学院大・2年)ら2017年の選抜優勝世代の一人。高校時代から、自慢の守備でチームをけん引してきた。1つ下の山田 健太(立教大・1年)は、「僕は守備は、坂之下さんから教わりました」と言うほど、絶対的な信頼があった。

 そんな坂之下は高校卒業後は、関西大に進学。2年生の春には規定打席に到達し、セカンドのレギュラーの座を掴むと、今年の神宮大会でも、自慢の守備で魅せた。2回戦の金沢学院大戦では、8番・セカンドで出場。5対0で迎えた8回に高く跳ね上がった一、二塁間への打球をダイビングでキャッチ。倒れた態勢のまま一塁へ送球して、アウトに。この回、坂之下の好プレーもあり無失点で抑えることができた。

 試合後、坂之下は「先発の森 翔平さんが必死に投げていたので、『後ろが守るしかないので、どんな打球がきても絶対に止めよう』と思っていました」と、覚悟をもって守り、見事なアウトを演出した。

 その坂之下の好守の秘密は左足にあった。
 「自分の中では一歩目を大事にしているのですが、なかでも左足をインパクトに合わせることをしています。中学時代プレーしていたの大正シニアでは、サードを守っていましたが、打球が速かったので、そこでコーチからインパクトのタイミングに合わせて、左足を動かすことを教わりました」

 その結果、一歩目が早くなり、守備範囲の拡大につながった。

 今大会も坂之下ならではの工夫があった。神宮球場の人工芝が短いことから、坂之下は、「ボールの球足は速くならないだろう。ゴムチップがあるので跳ねると高くなるので、足がある選手なら一発で投げてもセーフになるかも」と察したという。意識をしたわけではないが、次第に守備位置を前にし始めたのだ。さらに、高いバントに対しては落ちてくるタイミングで捕球することを心がけた。

 確かな準備と、培ってきた技術があるからこそ、生まれた好守備。そんな坂之下は、19日の第2試合で準決勝を東海大と対戦。日本一まで、あと2勝、坂之下のプレーに注目だ。

【関連記事】
【ライブ配信】神宮大会全日観戦のドットコム編集部・河嶋、栗崎が大会総括!! 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京が誇る大型遊撃手・中山礼都が復調の三塁打!きっかけはレフトフライから 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 天理高等学校(奈良・近畿地区代表)「大阪桐蔭、履正社の大阪2強を撃破した強打に注目!」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
第22回 四国勢 「2018実りの秋」から「2019開花の春」へ【四国発】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】

コメントを投稿する

前の記事:
【上尾vs羽生第一】 「新生、上尾高校!!  変革の秋」 他5試合
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る