1155球・240アウトを守り抜いた優勝投手・市川悠太!ヤクルトでも神宮の申し子となれるか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.19

鉄腕・市川 悠太

 「全部投げるつもり」の宣言を体現し、高知県大会・四国大会・そして明治神宮大会。10試合で1155球・240アウトを守り抜いた。平成最後、いや、日本高校野球史で最後となる「1人で投げ抜いた全国大会優勝投手」になるかもしれない右の鉄腕。それが2017年・第48回大会で明徳義塾(高知)を36年ぶり2度目となる明治神宮大会優勝に導いた市川 悠太である。

 当時の武器はサイドハンドに近いスリークォーターの位置から繰り出される140キロ後半のストレートとスライダーで荒れ球を伴いながらの三振奪取。そして「力でねじ伏せる」気持ちの強さ。ただ、明治神宮大会に関して言えばそのスタイルとは違った側面を見せた。

 「いい状態の試合は1試合もなかった」。後に自身はこう大会を振り返っているが、ストレートの球速が130キロ後半に留まっても、メンタルも含めた「制球力」でカバーし、創成館(長崎)との決勝戦では4安打4奪三振3四死球完封。大会通じても3完投・27回を投げ被安打16・16奪三振・10四死球・防御率1.67の安定感は、翌年ドラフト3位での東京ヤクルトスワローズ入りを決める上での大きな指針となった。

 こうしてまさに「神宮の申し子」となり、目標だった「高卒プロ入り」と「侍ジャパンU-18代表入り」も果たした市川。今年は最終戦に一軍昇格も登板はなし。秋の一軍松山キャンプも逃し、一度はつかんでいた「2019アジアウィンターリーグ」参加も見送られるなど、苦みを伴ったルーキーイヤーとなったが、あの時の制球を思い出し、2020年こそは燕のユニフォームを着ての「神宮の申し子」となる。

記事=寺下 友徳

【関連記事】
【明治神宮大会総括】今大会の出場選手でナンバーワンのパフォーマンスを示した野手は?進化が楽しみな野手を紹介! 【ニュース - コラム】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
来春選抜32校を独断で予想!第1弾 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第8回 明徳義塾高等学校(高知・四国地区代表)「史上初の3位校から四国制覇!反発力で一戦必勝へ」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
U-18代表から10名がプロ入り!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る