アグレッシブベースボールを継承する小松勇輝(東海大)!東海大相模の魂を胸にさらなる飛躍を目指す!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.19

雄たけびをあげる東海大の小松勇輝

 アグレッシブベースボール。

  この言葉を聞いて、思い浮かぶのは青の縦じまに胸に書かれた「TOKAI」のユニフォームではないだろうか。神奈川県で常に注目され続け、その名は全国に広まる超名門校・東海大相模だ。

 今年は関東大会に出場し、大会ベスト4入り。来春の選抜への出場が濃厚となっている。

 2年前の選抜で、東海大相模は4強入り。智辯和歌山との壮絶な打ち合いは記憶に新しい。その試合に出ていた3年生たちのなかで、現在東海大でプレーをしているのが小松 勇輝だ。

 東海大相模時代は主将としてチームを牽引していた小松は、1年生ながら春から公式戦に出場。ショートのレギュラーとしてチームを支え続け、2018年の選抜出場。最後の夏は甲子園出場とはならなかったが、神奈川県選抜に選ばれるなど実力は世代屈指だった。その後、東海大に進んでからは代打などの途中出場で経験を少しずつ重ねてきた小松。そして明治神宮大会の対中央大戦で5番・サードで念願のスタメンで初出場を果たした。

 第1打席は中央大先発の皆川 喬涼の前に三振を喫したが、2打席目は追い込まれてから低めの変化球をすくいあげてセンターへ。風に乗った打球はぐんぐん伸びて、センターの頭上を越える。小松は快足を飛ばして一気に三塁を陥れる2点タイムリー。ベース上で大きな雄たけびを上げて喜びを爆発させた。

 チームも勢いに乗って7対3で中央大を破ってベスト4に進出したが、小松はタイムリーの打席を振り返り、「先輩たちがつないでくれたので、『とにかく食らいついて結果を出そう』と思っていました」と語る。



小松勇輝(東海大)

 その小松はまだ1年生。金属バットから木製バットに代わり、苦戦するのが野手においては最大の課題だ。この課題に小松も苦戦をしたという。
 「試合を経験して少し慣れたと思いますが、今も対応ができたと言えないです。ただ練習から長打ではなく、逆方向に低い打球を打てるように、バットを内から出すようにしました」

 この、「逆方向に低い打球」という意識は東海大相模時代から言われてきたことであり、小松の中では1つの練習方法となって残っていた。しかし、東海大相模時代から引き継いでいるのは技術だけではない。

 4年生の藤井健平に代わってスタメン出場できたことを聞いた時、「自分にできないことは沢山あるので、とにかくはつらつとやることを心がけていました」と1年生らしくできることを100%やったことを明かした。

 しかしその後、「はつらつしたプレーは中学、高校からですね。東海大相模がアグレッシブベースボールという攻める野球があり、それを大学でもできていると思います」と語った。

 19日の準決勝・関西大との試合で東海大は9回に追いついて延長タイブレークの末、7対8で敗戦。小松は5番・サードで再びスタメン出場し、1打席目にライトへ三塁打を放つが、その後は凡退。決勝戦をあと一歩で逃した。

 だが小松の大学野球はこれからも続く。アグレッシブベースボールの魂を胸に秘め、これからの飛躍を期待したい。

(記事=田中 裕毅)

【関連記事】
甲斐拓也の背番号を引き継いだ海野隆司(東海大)のライバルになりそうな2人の若手捕手 【ニュース - 高校野球関連】
【大学生総括】神宮大会に登場したドラフト指名10選手のパフォーマンスを評価!即戦力になりうるのは? 【ニュース - コラム】
第987回 神宮大会に登場したドラフト指名10選手のパフォーマンスを評価!即戦力になりうるのは?【大学生総括】【大会展望・総括コラム】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
東海大vs東北福祉大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
東海大vs中央大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第10回 明豊高等学校(大分・九州沖縄地区代表)「今年の九州地区大本命!最強打撃陣&潜在能力が高い投手陣をかみ合わせて頂点を狙う」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1033回 2011年夏の甲子園で選手宣誓!元金沢主将の石田翔太さんが振り返る甲子園 【2019年インタビュー】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
小松 勇輝(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
群馬のホームランアーチスト、徳島の速球派サイド・箭内などワールドトライアウトに参加する実力者たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る