箱根V戦士だけじゃない!野球部にもいた東海大のスピード自慢・串畑勇誠

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.18

東海大の串畑勇誠

 「東海大」「スピード」

 ここ数年、このキーワードで話題になるトピックといえば、今年1月の箱根駅伝で初優勝を果たした東海大学の陸上長距離のランナーたちだが、硬式野球部にも「スピード」を持ち味とする選手が頭角を現した。

 広島・広陵高校出身の串畑勇誠(3年)だ。
 11月16日に行われた明治神宮大会1回戦の東北福祉大戦、串畑は1点リードの5回にセンター前へタイムリーヒットを放って出塁すると、そこから畳みかけるように二盗、三盗と立て続けに盗塁を敢行し、さらに三盗の際にキャッチャーからの送球が逸れると一気にホームまで生還。貴重な追加点を挙げて勝利に貢献した。

 試合後、串畑は連続で試みた盗塁は自らの判断であったことを明かし、走力においても自信を持っていることを口にした。
 「行けたら行けのサインでした。足には自信があるので、そこは負けたくないなと思っています。(ミスに付け込みホームまで生還した)あれが自分にとって最高の形です」

 センス抜群の遊撃手として、広陵時代から走攻守で活躍を見せていた串畑。その身体能力の高さに東海大野球部前監督であった横井人輝氏も惚れ込み、卒業後は東海大学へ進学。大学に入学してからは現在の安藤強監督の下、持ち前の俊足をさらに磨いてきた。

 「次の試合も今日のように、走って繋いでチームに貢献したいと思います。
 今の4年生には可愛がってもらっていますし、絶対まだ終わらせたくないので強い気持ちでやっていきたいと思います 」

 18日には準決勝進出を懸けて中央大と対戦するが、ここでも自慢の快足を活かしてチームを勝利に導く構えを見せる。頭角を現した「縦縞のスピードスター」に注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
太田光(楽天)、佐野恵太(DeNA)に注目!現役15名を誇る広陵OBで開幕ダッシュに成功した2名 【ニュース - 高校野球関連】
長野 勇斗(三重)や喜多 真吾(広陵)など好打者揃いだった2014年夏の1回戦を戦った三重と広陵ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
尾道商vs広陵【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広陵vs広島国際学院【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2年連続の甲子園の藤蔭!3度目の甲子園は足を使った攻撃で攻め勝つ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る