山田哲人が復調!履正社高校OBの日本代表選手は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.17

 11月16日に行われたプレミア12スーパーラウンド日本代表対韓国代表の試合。日本代表は10-8で韓国代表に勝利し、1位で決勝進出を決めた。その試合で復調の兆しを見せたのが「1番・一塁」で出場した山田 哲人(ヤクルト)である。

 山田はシーズンとは違う一塁守備の影響からなのか、試合前の時点で打率.071と絶不調。ここまでなかなかチームに貢献できずにいた。しかし、この韓国戦では得点には結びつかなかったものの、初回に二塁打を放つ幸先の良いスタート。3回には犠飛で1打点。5回には1死二塁から適時二塁打を放ち、貴重な追加点を叩き出している。



山田哲人(ヤクルト)

 この試合で山田は3打数2安打と結果を残し打率.176とした。山田本来の実力からすれば物足りないのは事実だが、上昇気流に乗ったのは明るい材料だろう。

 さて、そんな山田は履正社高校出身である。履正社高校は大阪府、いや全国の高校野球を大阪桐蔭高校と一緒に引っ張っていると言っても過言ではない強豪校だ。

 しかし、ライバルである大阪桐蔭高校からは多くの日本代表選手が送り込まれているのに対し、履正社高校はまだまだ少ない。

 現時点でワールド・ベースボール・クラシック(以下、WBC)やプレミア12といった主要大会に出場を果たした履正社高校OBは山田ひとりだけ。T-岡田(オリックス)も日本代表に招集された経験はあるが、テストマッチだった。

 一方の大阪桐蔭高校は今回も浅村 栄斗(楽天)が招集されており、2017年に行われた第4回WBCでも藤浪 晋太郎(阪神)、中田 翔(日本ハム)、平田 良介(中日)の3人がメンバー入り。その他にも中村剛也(西武)や西岡剛(BC栃木)らもプレミア12やWBCで日本代表に選出されていた。

 さらには主要大会への出場こそないが、森 友哉(西武)も控えている。もちろんプロ入りした人数が違うということもあるが、多くの選手を日本代表に送り込んできたのは一目瞭然だろう。

 はたして、履正社高校OBで山田に続いて日本代表に選ばれる選手は誕生するだろうか。2018年に行われたWBSC U-23ワールドカップでMVPを受賞した安田 尚憲(ロッテ)やスラッガー候補の中山 翔太(ヤクルト)が続いていくことを期待したい。

【履正社高校OB】
※2019年シーズンNPB所属

岡田 貴弘(オリックス)
岸田護(オリックス)※2019年シーズンで引退
山田 哲人(ヤクルト)
宮本 丈(ヤクルト)
中山 翔太(ヤクルト)
寺島 成輝(ヤクルト)
坂本 誠志郎(阪神)
安田 尚憲(ロッテ)

(記事:勝田 聡)

【関連記事】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
選抜当確ラインの4強が出揃った近畿大会。8強入りには各府県1位校が3校 【ニュース - 高校野球関連】
出身校ランキング上位に変動はあるか?横浜高校OBと大阪桐蔭高校OBが同数に 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
中山 翔太(履正社) 【選手名鑑】
宮本 丈(履正社) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
伊藤大海に今川優馬ら北海道出身者が5人!河村が白樺学園から初のドラフト指名
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る