平沢大河、郡司裕也ら主軸の活躍で仙台育英が優勝【2014年明治神宮大会・高校の部】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.13

高校野球界において今年最後の公式戦となる明治神宮大会が11月15日に開幕する。各地区の秋季大会を勝ち上がってきた10校が、秋王者を目指して戦うことになる。

 3年生が引退し、新チームで臨むことになるこの大会で新たな主役候補が生まれることも珍しくない。もちろん、過去の同大会に出場した選手たちからも多くのNPBプレーヤーが誕生している。そんな明治神宮大会だが、今回は2014年の高校の部を振り返ってみたい。

 2014年の同大会を制したのは仙台育英高校だった。エースは佐藤 世那(元・オリックス)、「3番・遊撃手」に平沢 大河(現・ロッテ)、「4番・捕手」には郡司 裕也(現・慶応大/中日4位)と好選手が揃っており、圧倒的な強さを見せた。



高校時代の平沢大河

 佐藤は全試合を1人で投げぬき、決勝の浦和学院高校戦で1点を失ったのみ。主軸の平沢は打率.500(10-5)、郡司も打率.417(12打数5安打)と結果を残している。この明治神宮大会で一気に注目された同校が、翌夏の全国高校野球選手権大会において準優勝を果たすことになる。

 翌春の選抜高校野球大会を制すことになる敦賀気比高校は、平沼 翔太(現・日本ハム)がチームの中心だった。初戦は投手と遊撃手の2ポジションで出場し英明高校相手に勝利。つづく2回戦の九州学院高校戦では右翼手で出場。敗れはしたが、2打数1安打と気を吐いた。この大会で平沼は投手・内野手・外野手の「三刀流」でプレーしていたのである。

 静岡は鈴木翔平(現・西武)と堀内 謙伍(現・楽天)とふたりのNPBプレーヤーが所属していた。初戦で東海大菅生高校相手に敗れたものの、「1番・中堅」で出場した鈴木は5打数4安打と大暴れしている。ちなみにこの試合で東海大菅生高校のマウンドを守ったのが、勝俣 翔貴(国際武道大学/オリックス5位)である。

 奇しくも3人は同じパ・リーグの所属となった。すでに勝俣は野手に専念しており投打での対決は叶わないが、各選手たちの対戦や交流は楽しみのひとつとなる。一軍の舞台で相まみえる日が待ち遠しい。

 今年も同大会に出場した選手たちからNPBプレーヤーが生まれ、プロの舞台でも再び相まみえることを期待したい。

(記事:勝田 聡)

【関連記事】
本日、東京都独自大会抽選会!早実、日大三、帝京など過去3年の初戦は苦戦が多い!? 【ニュース - 高校野球関連】
打撃好調の木下拓哉の母校・高知高OBには誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
勝俣 翔貴(東海大菅生) 【選手名鑑】
郡司 裕也(仙台育英) 【選手名鑑】
佐藤 世那(仙台育英) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
平沼 翔太(敦賀気比) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
小山 【高校別データ】
九州学院 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
東京の代替大会はどう開催されるのか? 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る