神宮第二最後の秋都大会決勝戦を回顧。優勝は阿部慎之助を輩出した安田学園!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.10

2012年秋季東京都大会優勝の安田学園

 11月10日、秋季東京都大会は決勝戦を迎える。

 現在は明治神宮球場で決勝戦が行われているが、かつては11月3日でラストデーを終えた明治神宮第二球場で決勝戦が行われた。最後の神宮第二球場の決勝戦が行われたのは2012年。安田学園vs早稲田実業の一戦だ。

試合レポートはこちらから!
安田学園vs早稲田実業

 投打ともに実力のある選手が揃う早稲田実業に対し、安田学園は新チームから磨いてきた守備を持ち味にチームカラーで着実に勝ち上がってきた。

 安田学園は今年引退した大打者・阿部慎之助(巨人)などポテンシャルが高い打者を多く輩出してきたチームだが、当時の安田学園は野球のち密さという点では創部最高のチームだった。

 決勝戦は1点を争う試合に。先制したのは安田学園。まずセンス抜群の1年生・本宮 佳汰のセーフティスクイズで1点を先制。さらに相手の敵失で2点目を取った。そして、この2点をエースの大金 真太郎が強打の捕手・利光 健作に本塁打を浴び、さらに9回裏にも二死一、二塁のピンチを招いたが、見事に守り切り、優勝を決めた。

 攻撃では相手にプレッシャーをかける小技を仕掛け、守備では大崩れせず、守り抜く堅い守備。大物打ちはいなかったが、組織的な野球ができるチームだった。優勝直後、安田学園の森泉監督は当時のチーム作りの構想についてこう語ってくれた。

「うちは打って点が取れる打線ではないですので、とにかくランナー三塁までに進めること。ランナー三塁からならば、守備側にプレッシャーをかけることができるし、相手のミスによって1点を奪うことができます」
また当時の選手たちも自分たちが守る側ならば、三塁にランナーがいるとプレッシャーがかかるので、いかに三塁まで走者を進めて、足でプレッシャーをかけられるかを考えていた。

 弱者の戦い方を心得ていたチームであり、2012年秋の安田学園の戦い方は学べるものが多くあった。

【関連記事】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
清宮の次に巨人が狙っていた逸材・村上宗隆(東京ヤクルト)のドラフト秘話とは? 【ニュース - コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
安田学園 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
昭和から平成を彩った富山の伝統校、富山商と高岡商の戦いの歴史に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る