神宮第二最後の秋都大会決勝戦を回顧。優勝は阿部慎之助を輩出した安田学園!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.10

2012年秋季東京都大会優勝の安田学園

 11月10日、秋季東京都大会は決勝戦を迎える。

 現在は明治神宮球場で決勝戦が行われているが、かつては11月3日でラストデーを終えた明治神宮第二球場で決勝戦が行われた。最後の神宮第二球場の決勝戦が行われたのは2012年。安田学園vs早稲田実業の一戦だ。

試合レポートはこちらから!
安田学園vs早稲田実業

 投打ともに実力のある選手が揃う早稲田実業に対し、安田学園は新チームから磨いてきた守備を持ち味にチームカラーで着実に勝ち上がってきた。

 安田学園は今年引退した大打者・阿部慎之助(巨人)などポテンシャルが高い打者を多く輩出してきたチームだが、当時の安田学園は野球のち密さという点では創部最高のチームだった。

 決勝戦は1点を争う試合に。先制したのは安田学園。まずセンス抜群の1年生・本宮 佳汰のセーフティスクイズで1点を先制。さらに相手の敵失で2点目を取った。そして、この2点をエースの大金 真太郎が強打の捕手・利光 健作に本塁打を浴び、さらに9回裏にも二死一、二塁のピンチを招いたが、見事に守り切り、優勝を決めた。

 攻撃では相手にプレッシャーをかける小技を仕掛け、守備では大崩れせず、守り抜く堅い守備。大物打ちはいなかったが、組織的な野球ができるチームだった。優勝直後、安田学園の森泉監督は当時のチーム作りの構想についてこう語ってくれた。

「うちは打って点が取れる打線ではないですので、とにかくランナー三塁までに進めること。ランナー三塁からならば、守備側にプレッシャーをかけることができるし、相手のミスによって1点を奪うことができます」
また当時の選手たちも自分たちが守る側ならば、三塁にランナーがいるとプレッシャーがかかるので、いかに三塁まで走者を進めて、足でプレッシャーをかけられるかを考えていた。

 弱者の戦い方を心得ていたチームであり、2012年秋の安田学園の戦い方は学べるものが多くあった。

【関連記事】
松坂が埼玉西武に復帰して夏の甲子園優勝投手は何人?NPBに在籍している甲子園優勝投手は19名 【ニュース - 高校野球関連】
秋季東京都大会優勝の国士舘の選手たちに直撃!優勝の要因は?今年のチームの特徴は? 【ニュース - 高校野球関連】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
安田学園 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
日大豊山・上野学園がベスト4進出!準決勝の組み合わせが決まる!【選手権東東京大会・22日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る