• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 堀井監督就任からアマチュア屈指の育成機関へ変貌したJR東日本 15年間で22名プロへ輩出して現在も9年連続指名継続中!

堀井監督就任からアマチュア屈指の育成機関へ変貌したJR東日本 15年間で22名プロへ輩出して現在も9年連続指名継続中!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.08

ドラフト会議2019で読売ジャイアンツにドラフト2位指名された太田龍(JR東日本)

 2004年12月から15年間、JR東日本の監督を務めた堀井哲也監督が退任となった。静岡・韮山出身の堀井監督は慶應義塾大に所属し、卒業後は3年間、三菱自動車川崎に所属。現役時代は外野手として活躍した。その後、三菱自動車岡崎のマネージャー、監督を経て、2004年12月からJR東日本の監督となった。

 JR東日本では優勝1回(2011年)、準優勝2回(2012年、2013年)と実績を残した。特筆すべきはチームの実績だけなく、プロ入り選手を多く輩出していることだ。堀井監督が就任してからプロ入りした選手は以下の通り。

■2005年
東京ヤクルト 大・社ドラフト 3位 松井光介(横浜-亜細亜大)投手
■2006年
巨人 大・社ドラフト6位 寺内崇幸(栃木工)内野手
■2007年
横浜 大・社ドラフト1位 小林太志(富岡‐立教大)投手
東京ヤクルト 大・社ドラフト5位 中尾敏浩(PL学園-青山学院大)外野手
■2008年
横浜5位 小杉陽太(二松学舎大附)投手
■2011年
埼玉西武1位 十亀剣(愛工大名電‐日大)投手
オリックス 2位 縞田 拓弥東福岡‐日大)内野手
オリックス8位 川端崇義(東海大相模‐国際武道大)内野手
■2012年
オリックス6位 戸田亮(大成‐高千穂大)投手
■2013年
オリックス1位 吉田一将(青森山田‐日本大)投手
広島東洋 3位 田中 広輔東海大相模‐東海大)遊撃手
中日 4位 阿知羅 拓馬大垣日大)投手
■2014年
オリックス6位 坂寄晴一(鉾田一 -国士舘大)投手
オリックス7位 西野真弘(東海大浦安-国際武道大)内野手
広島6位 飯田哲矢(藤沢翔陵‐亜細亜大)
■2015年
千葉ロッテ2位 関谷 亮太日大三 -明治大)投手
千葉ロッテ4位 東條 大樹桐光学園‐青山学院大)投手
中日6位 石岡諒太(神戸国際大附) 外野手
■2016年
横浜DeNA8位 進藤 拓也西仙北‐横浜商科大)
■2017年
オリックス1位 田嶋 大樹佐野日大)投手
■2018年
福岡ソフトバンク 板東 湧梧(鳴門)投手
■2019年
巨人2位 太田 龍れいめい)投手

15年間でドラフト指名がなかった年は2回だけ



ドラフト会議2018でソフトバンクホークスに指名された板東湧梧(写真はJR東日本時代)

 なんと15年間でドラフト指名がなかった年は2009年・2010年の2回だけ。2011年以降は9年連続でドラフト指名を受け、合計22人も指名されている。投手、捕手、内野手、外野手と満遍なく送り出している。

 その一因として、堀井監督はコーチングスタッフ、外部コーチを強化していることが大きい。

 元大洋・横浜では内野手として活躍した銚子利夫氏が外部スタッフとして活躍し、ヤクルトでは投手として活躍した安田猛氏も外部スタッフになった時期があり、安田氏は田嶋 大樹がJR東日本に在籍中、手取り足取り指導していた姿が印象深い。

 もう1つは練習環境の変化。2009年から当時の幕張から柏市へ移転。野球場、人工芝の雨天練習場、ウエイト場。さらに食事面のサポートも手厚く、その環境の良さはNPBに匹敵するものがある。

 最後にプロ入り選手は上位だけではなく、下位選手も多い。これはどんな評価でもいいので、プロ入りしたい選手にとっては喜ばしい環境であろう。

 もちろん十亀剣、田中 広輔のように主力選手として活躍しているもあれば、早くも現役を退いている選手もいる。それでもNPBの経験はその選手の人生にとってプラスになるものだと思い輩出しているのだろう。

 輩出数、活躍度を見れば、JR東日本はアマチュア屈指の育成機関であることは間違いないだろう。これからもJR東日本はその体制であることを願いたい。

 また慶応大の監督に就任する堀井氏も、ぜひ強力な選手を育て上げる育成機関にすることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

◆関連記事
巨人ドラフト2位・太田龍(JR東日本)の剛速球!ピッチング映像を公開
甲子園のスターから球界のスターへ!板東湧梧(ソフトバンク)の進化の秘密
田嶋大樹(オリックス)が大切にする「『自分の道』を正しいものとすること」

【関連記事】
過去10年間で唯一の野手は森友哉!西武のドラ1戦略は投手重視! 【ニュース - 高校野球関連】
楽天ドラ1・小深田大翔の母校・神戸国際大付属高校のOBは? 【ニュース - 高校野球関連】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第96回 春夏合わせて4度の全国制覇!名選手が多数生まれた東海大相模(神奈川県)のつながり!【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第612回 佐野日大の秋の躍進を生んだ「団結力」と「守備力」の秘密【前編】【野球部訪問】
第924回 同じ98年世代の投手に負けたくない!ドラフト候補・立野和明(東海理化)の意気込み! 【2019年インタビュー】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第407回 れいめい高等学校 太田 龍投手【後編】「無冠の大器、夏への決心」 【2016年インタビュー】
宇治山田商(三重1位)vs大垣日大(岐阜2位)【2010年春の大会 第57回東海地区高校野球大会】
阿知羅 拓馬(大垣日大) 【選手名鑑】
太田 龍(れいめい) 【選手名鑑】
縞田 拓弥(東福岡) 【選手名鑑】
進藤 拓也(西仙北) 【選手名鑑】
関谷 亮太(日大三) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
田中 広輔(東海大相模) 【選手名鑑】
東條 大樹(桐光学園) 【選手名鑑】
板東 湧梧(鳴門) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
郡山ら県大会出場を決める!【福島県秋季大会予選・3日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る