プレミア12で高橋礼が快投! 苦しむ専大松戸高校OBの光となるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.07


高校時代の高橋礼(ソフトバンクホークス)

 11月5日、プレミア12に参加している侍ジャパン日本代表が、ベネズエラ代表に8対4で勝利した。4回に先制点を奪われ、その後勝ち越すも逆転を許す苦しい展開だったが、終盤に相手のミスにつけ込み逆転勝ち。大事な初戦をものにした。

 11月6日、台湾で行われているプレミア12のオープニングラウンドで日本代表はプエルトリコ代表相手に4-0で勝利した。序盤に鈴木 誠也(広島)の3点本塁打などでリードを奪うと、5投手による完封リレーでそのまま逃げ切っている。

 なかでも圧巻の投球を見せたのが高橋 礼(ソフトバンク)である。球界屈指のサブマリンは6回2死までパーフェクトピッチング。結局、6回無失点、被安打1、与四球1(73球)と抜群の内容でリリーフ陣に後を託している。

 高橋は2017年ドラフト2位で専修大学からソフトバンクへと入団した大卒2年目の右腕。2019年シーズン12勝をマークし日本一に大きく貢献し、まさに飛躍の年となった。

 そんな高橋は専修大学の付属校である専大松戸高校の出身だ。高校時代もアンダースローで投げており一部では注目を浴びていたが、プロ志望届を提出することなく専修大学へと進学した。ちなみに同校における現役のOB(NPB)では、唯一の大卒でもある。

 その他に現役のNPBプレーヤーであるOBは上沢 直之 (日本ハム/2011年6位)、原 嵩(ロッテ/2015年5位)、渡辺 大樹(ヤクルト/2015年6位)の3人がいる。

 上沢はエース格として期待されたものの、試合中に打球が直撃し骨折。無念の戦線離脱となり2019年シーズンは1年を全うすることができなかった。

 原は肩の故障に苦しんできたこともあり、ここまでの4年間で一軍登板機会は訪れていない。しかし、2019年シーズンは二軍で2年ぶりの登板をはたし、20試合で54回を投げ防御率3.67とまずまずの成績を残している。

 原と同学年になる渡邉はキャリアハイとなる16試合に出場し、プロ初本塁打も記録した。しかし、安打はその1本だけに終わり、シーズンを通して一軍に帯同することもできなかった。2020年シーズンこそ外野のレギュラー争いに加わりたいところだ。

 このように高橋こそ充実した一年を送ることができたものの、その他の3人の専大松戸高校OBたちは不本意な1年となってしまった感がある。この高橋の活躍を刺激とし、2020年シーズンは専大松戸高校OB全員が、結果を残すことに期待したい。

【専大松戸高校OB・2019年シーズン成績】

※NPB現役選手

高橋 礼(ソフトバンク)
23試合/12勝6敗/143回/奪三振73/与四球49/防御率3.34

上沢 直之 (日本ハム)
11試合/5勝3敗/71.1回/奪三振64/与四球27/防御率3.15

原 嵩(ロッテ)
一軍出場なし

渡辺 大樹(ヤクルト)
16試合/打率.143(7打数1安打)/1本塁打/1打点/1盗塁

※数字は2019年シーズン終了時点

文=勝田 聡

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
黒田博樹 世界を制する投球術
高橋 礼(専大松戸) 【選手名鑑】
専大北上 【高校別データ】
専修大附 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権青森大会】百石、接戦を制す!7月13日の結果
次の記事:
「この大会では心から野球を楽しむために」桑田真澄氏参加のマスターズ甲子園2019が開幕!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る