接戦を勝ち抜いてきた日大三!収穫と反省を糧に飛躍の春に

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.05

児玉悠紀

 3日、神宮第二が最後の日を迎えた。秋季東京都大会準々決勝2試合が行われ、手に汗握る試合が繰り広げられた。その試合を繰り広げた学校の中にいたのが、日大三だ。

 2018年の夏の甲子園ではU-18代表に選出された日置 航(明治大)を擁して4強入り。再び全国でその名を轟かせたが、この秋はベスト8で終わった。しかし実力は全国有数であり、来春以降も楽しみなチームである。

 そこで今回は日大三のこれまでの戦績を振り返っていきたい。

■秋季東京都大会 一次予選
1回戦 対文教大付・目黒学院 23対0 〇
代表決定戦 対錦城 4対0 〇

■秋季東京都大会
1回戦 対八王子 3対1 〇
2回戦 対安田学園 2対0 〇
3回戦 対東海大菅生 7対5 〇
準々決勝 対帝京 1対2 ●

 旧チームは西東京大会でベスト8に終わったが、その悔しさをバネに新チームスタート。初戦は23対0で快勝すると、代表決定戦は錦城を4対0で退ける。

 そして都大会へ進むと接戦をモノにしていく。初戦は同じ西東京の八王子。初回に失点するが、打線がきっちり逆転し初戦突破。続く安田学園戦では完封勝利すると、3回戦で因縁のライバル・東海大菅生

 8回まで5対5だったが、9回に勝ち越しに成功させて7対5。これでベスト8に進出し、2年ぶりの選抜まであとわずかと迫ったところで東東京の名門・帝京と激突。神宮第二最後の試合とあって、注目度高い試合となった。

 エース・児玉 悠紀が相手打線を封じ込めるが、1対0で迎えた6回にスクイズなどで2点を失い1対2で敗戦。あと一歩届かなかった。

 だが、今大会で防御率2.70を記録したエース・児玉をはじめ、旧チームから出場する二刀流の3番・柳舘 憲吾に、主将の1番・渡辺 凌矢。そして1年生の星 憂芽齋藤 広空といった新戦力もいる。一冬でその実力を磨き上げ、来春以降に飛躍することを大いに期待したい。

東京都大会
大会日程・結果
トーナメント表
選手名鑑一覧

【関連記事】
国士舘、2年連続7回目の優勝!決勝戦を徹底レポート【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
国士舘が2年連続優勝!中西が強打・帝京を2安打完封!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
第242回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 夏まで見逃せない日大三の2枚看板 児玉 悠紀・柳舘憲吾【ドラフト特集コラム】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第82回選抜高校野球大会,11日目【大会結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る