近畿ベスト4・智辯学園!乱打戦、1点差など多くの経験値を積んだ実りの秋を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.03

1年生エース・西村王雅

 秋季近畿大会も決勝進出の2校が決定した。共に1点差の僅差のゲームで智辯学園履正社を破った大阪桐蔭天理が決勝に勝ち上がった。
 今回は惜しくも大阪桐蔭に準決勝で6対5で破れてしまったもののベスト4へ進出し、春の選抜出場へ大きく前進した智辯学園の戦歴を見ていきたい。

◆秋季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 5vs6  大阪桐蔭
準々決勝 17vs13 智辯和歌山
1回戦 4vs2 神戸国際大附

◆秋季奈良県大会
決勝 7vs6 奈良大附
準決勝 13vs3 天理
準々決勝 10vs1 郡山
3回戦 11vs0 桜井
2回戦 14vs5 橿原

 奈良県大会を制し、近畿大会でもベスト4に進出した智辯学園は様々な試合展開のゲームを勝ち上がってきた。奈良県大会では決勝までの4試合全てで二桁得点、さらに9点以上の点差をつけ、圧倒的な強さを見せつけた。奈良大附との決勝戦では点の取り合いを制し、この試合では1点差の僅差を試合を戦い抜き、奈良県の頂点に立った。

 近畿大会ではどの試合も僅差の試合になり、神戸国際大附との1回戦ではロースコアのゲームを、智辯和歌山との準々決勝では打ち合いのハイスコアなゲームを戦い抜いた。ここまでの試合結果を見るだけでも智辯学園が様々な試合展開の試合を経験し、勝ち抜いてきたことがわかる。この経験はこれからの智辯学園にとっていい財産となることだろう。準決勝では大阪桐蔭に破れてしまったものの、1点差の好ゲームを展開した。

 智辯学園は一年生トリオの活躍が目覚ましい。投手陣を引っ張るのは、小畠 一心西村 王雅の一年生コンビだ。小畠は中学時代、U-15代表に選ばれた右の本格派で、西村はコンパクトなテークバックから常時130キロ前半から138キロのストレートを抜群の回転数で投げ込むため、なかなか捉えることができないだろう。左右の好投手を揃えていることが今年の智辯学園の強さと言えるだろう。

 打線を引っ張るのは4番を打つ一年生の前川 右京だ。夏の大会から4番を打ち、多くのこと経験。均整が取れた構えからレベルスイングで、広角に打ち分ける打撃が特徴だ。

 また1番打者として打線を牽引するだけではなく、主将としてチームをまとめる世代屈指の外野手・白石 陸。さらに3番に座る今﨑 圭秦ら2年生にも実力者が揃う智辯学園。近畿大会ベスト4入りし、選抜甲子園へ一歩前進したが、この秋に経験し、学んだことに磨きをかけ全国でも勝ち抜けるチームになることに期待したい。

近畿地区大会
大会日程・結果
トーナメント表
選手名鑑一覧

◇4日の試合予定

秋季近畿地区高等学校野球大会
決勝 天理 12  -  4   大阪桐蔭 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) レポート 応援メッセージ (11)

【関連記事】
「都立の星」オリックス鈴木優がプロ初勝利! 96年生まれ高卒選手の活躍光る 【ニュース - 高校野球関連】
岡本和真は高卒4年目からの松井秀喜と同じ道を辿れるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
2010年甲子園優勝投手!島袋洋奨さんが語った春夏連覇の裏側とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る