帝京vs日大三が3日実現! これまでの名勝負を振り返る!~第1弾 2017年 春季東京都大会 準決勝~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.02

現在は横浜DeNAベイスターズに進んだ櫻井周斗

帝京vs日大三 名勝負物語(1)横浜DeNA・櫻井が関東大会をかけて力投!帝京打線も猛追を見せる!

 11月3日は長く東京都の大会会場で使用されてきた神宮第二球場が最後の日を迎える。その最後の試合が日大三帝京と、東京都をリードしてきた名門校同士の対決ということで、大きく盛り上がりを見せそうだ。

 現在、日大三の指揮を執る小倉全由監督は関東一高の監督時代、帝京に何度も火花を散らせながら激戦を行ってきた。そんな盛り上がりを見せそうな日大三vs帝京の過去の豪華カードを厳選して2試合を紹介したい。

 まず最初は2017年の春季大会の準決勝だ。関東大会出場がかかった名門校対決ということで、球場は満員となった。

 試合は打撃戦。日大三は現在、横浜DeNAで活躍している櫻井 周斗が先発。序盤から打線が援護。スラッガーでありながら左腕としても最速149キロの速球を投げ込む金成 麗生(トヨタ自動車)の2ランで先制し、着実に点を追加させる。

 8回表まで終わって、日大三が8対2と大量リード。しかし8回裏から帝京が反撃に躍り出る。この試合で本塁打を放っている佐々木俊輔(東洋大)が2本目の本塁打を放ち、さらに続く2番・志田太陽(明星大)の二塁打で櫻井は降板。岡部 仁(日本体育大)のリリーフを仰ぐが、岡部も打ち込まれ、8対6まで追い上げられる。9回表、日置 航(明治大)の本塁打で突き放したが、9回裏、帝京が1点を追い上げ、日大三が9対7まで勝利したが、最後まで展開が読めない試合となった。

 この試合、両校とも卒業後はプロ、社会人、強豪大学で続けている選手が多いように、ハイレベルな技量を持った選手が火花を散らす対決は見ごたえがあった。

詳しいレポートはこちら!

文=河嶋 宗一

東京都大会
大会日程・結果
トーナメント表
日大三の選手名鑑
帝京の選手名鑑

【関連記事】
日大三・小倉 全由監督 香川県高野連指導者に『心から動くチームづくり』を説く 【ニュース - 高校野球関連】
秋季東京都大会優勝の国士舘の選手たちに直撃!優勝の要因は?今年のチームの特徴は? 【ニュース - 高校野球関連】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第802回 総合力の東海大菅生が優勝最有力候補?ベスト8の顔ぶれと対戦カードのポイント!【大会展望・総括コラム】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
今年のプレミア12の代表野手陣の中学時代の出身チームは?軟式野球出身者も2人!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る