尽誠学園決勝へ!明徳義塾はリベンジマッチを制す!【秋季四国大会・2日の結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.02

 徳島県で26日から始まった秋季四国大会。四国4県の代表校が神宮大会、センバツ切符をめぐって熱い戦いを繰り広げている。2日は準決勝2戦が行われた。

 第一試合の尽誠学園岡豊の試合は、岡豊が初回に2点先制するも、3回に尽誠学園が1点を返す。シーソーゲームかと思われた5回に尽誠学園打線が爆発。打者一巡の猛攻で5点を入れると、6回も打線の好調を維持し7点を追加。守りではピッチャー村上が初回の2失点以降岡豊に点を与えず、13対2で一気にコールド勝ちを決めた。

 第二試合は明徳義塾高知中央の高知勢同士の対決。高知県大会の準決勝でも同じカードが実現しており、その時は10対11で高知中央が乱打戦を制した。明徳義塾にとってリベンジマッチとなった今回は一転、初回から明徳ペースで試合が進む。1回、2回に8点ずついれ、その後甲子園も経験したエース新地が相手打線を1失点に抑える好投で16対1の5回コールドで試合が決した。

 これにより、神宮大会出場権1枠をかけた決勝は、尽誠学園明徳義塾というカードになった。決勝は3日10時からオロナミンC球場で開始予定。

 大会関連リンクと2日の試合結果と3日の試合予定は以下の通り。

■開催期間:2019年10月26日~11月3日
試合日程・応援メッセージ
トーナメント表
選手名鑑情報
■レポート一覧

◇2日の試合予定

第72回 秋季四国地区高等学校野球大会
準決勝 尽誠学園 13  -  2   岡豊 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) レポート 応援メッセージ (9)
明徳義塾 16  -  1   高知中央 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) レポート 応援メッセージ (5)

◇3日の試合予定

第72回 秋季四国地区高等学校野球大会
決勝 明徳義塾   8  -  1   尽誠学園 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場) レポート 応援メッセージ (2)
【関連記事】
岸潤一郎(明徳義塾出身)がプロ初打席!右飛も初球からフルスイング!! 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園の申し子がついに1軍昇格!岸潤一郎(明徳義塾出身)は同世代に負けない活躍を見せられるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
岡豊 【高校別データ】
高知中央 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
ベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の輝かしい軌跡』
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る