最高条件で仮契約を結んだ石川昂弥(東邦)は2020年代を担う三塁手になれるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.02


石川昂弥(東邦) ※写真=共同通信

 中日ドラゴンズ1位の石川 昂弥東邦出身)が仮契約を結んだ。契約金は1億(出来高)・年俸1500万と最高条件でのプロ入りである。

 そんな石川に期待されるのは次世代を担う三塁手になることだ。今年のプレミア12では松田宣浩がサードとして出場している。松田は5年続けてシーズン全試合に出場し、2年連続の30本塁打を達成。来季は通算300本塁打を達成する可能性を持っている。球界を見渡すと、実績面で、松田に猛追する三塁手が日本球界にはいないというのが実情だろう。

 石川にはぜひその座を狙ってほしい。185センチ87キロと高校生離れした体格はグラウンドに立てば、ひときわ存在感が引き立つ。

 そして高校通算55本塁打を記録した長打力と木製バットでも速球投手、変化球投手にも対応ができるバットコントロールの高さとすべてにおいて高レベルで、さらにこの体格で、俊敏性もあり、抜群の強肩を誇り、脚力も低い選手ではない。

 パワー、テクニック、身体能力、スケールの大きさを兼ね備えた三塁手として活躍する可能性を秘めているのだ。

 石川は試合に出られれば、どのポジションでもよいと話していたが、自慢の打撃でアピールして一軍に定着して、いずれは球界を代表する三塁手になることを期待したい。

【関連記事】
【動画】現役の1軍コーチ直伝!内野守備の動き方、構え方など一挙大公開! 【ニュース - 高校野球関連】
愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった! 【ニュース - コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第11回 春夏通算47回の甲子園出場!東邦の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
東邦vs習志野 2【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
接戦が続く二回戦!聖光学院vs弘前工の試合は延長戦にもつれる展開に!【春季東北大会・8日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る