春夏も期待できる結果!常総学院のここまでの戦歴を振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.02

一條力真(常総学院)

 秋季関東大会は全日程が終了。10月27日に決勝が群馬県の上毛新聞敷島球場で行われ、群馬予選3位の健大高崎山梨学院(山梨1位)を3対0で破り、初優勝を飾った。
 今回は優勝した健大高崎を1回戦で9回までリードし、苦しめた常総学院の戦歴を見ていきたい。

◆第72回秋季関東地区高等学校野球大会
1回戦 常総学院4 - 5健大高崎

◆第72回秋季関東地区高等学校野球 茨城県大会
決勝戦 常総学院8 - 1霞ヶ浦
準決勝 常総学院7 - 2石岡一
準々決勝 常総学院4 - 2土浦日大
3回戦 常総学院10 - 1日立一
2回戦 常総学院5 - 1水戸啓明

◆第72回秋季関東地区高等学校野球 茨城県大会 県南地区予選
代表決定戦 常総学院7 - 0牛久

 常総学院は予選を含め、茨城県大会の6試合で7失点と1試合平均で1点台の失点で高い守備力を誇る。今夏代表の霞ヶ浦にも1失点に抑え込んだ。また茨城県大会では全て4点差以上の点差をつけ、優位に試合を進めることに成功。決勝では霞ヶ浦を相手に7点差をつけ勝利するなど、他を寄せ付けることなく茨城を制した。
 攻撃力もかなり高く、茨城県大会6試合で41得点を挙げ、1試合平均で6点を超える得点を挙げている。この強さは春夏と茨城をリードしていくことになるだろう。

 関東大会では1回戦で破れてしまったものの、優勝した健大高崎を9回までリードする善戦を見せた。9回に3失点し、逆転を許したものの、先発の一條力真が8回までで2失点と試合を作る好投を見せた。勝利目前だったために悔やまれる9回となった。この悔しさを糧にどこまで一冬で力をつけてくるのか楽しみだ。

【関連記事】
PL学園、大阪桐蔭、報徳学園など擁する近畿地区が最多26回優勝!各地区の優勝回数を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
本日発表日!選抜候補全131校を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【沖縄県秋季大会】終盤の逆転劇で具志川が3年連続初戦突破!1回戦2試合をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る