広島ドラ1・森下を上回る通算17勝を挙げた田中誠也(立教大)を支えた変幻自在な投球術

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.31


田中誠也(立教大)

 今年のドラフトで大学生として唯一、ドラフト1位指名を受けたのが明治大の森下 暢仁(広島東洋カープ1位 大分商出身)だ。今年の大学選手権優勝を果たし、さらに大学日本代表のエースを任された森下の東京六大学の通算成績は以下の通り。

 15勝12敗 264.1回 255奪三振 防御率2.42 勝率.555

 実はこの森下よりも通算成績を上回った投手がいる。それが立教大のエース・田中 誠也大阪桐蔭出身)だ。大阪桐蔭時代は2年夏に優勝を経験。そして立教大に進んで、2年春に大学選手権優勝を経験している田中の通算成績は以下の通り。

 17勝15敗 306.1回 250奪三振 防御率2.20 勝率.531
 と、勝率と奪三振率以外は森下より上回っている。そんな田中は森下のように150キロを超える直球を投げるわけではない。ストレートは140キロ前後と東京六大学の左腕の中でも特別速いわけではない。

 それでも現役の東京六大学最多となる17勝を挙げられたのは、巧みな投球術だ。試合前に念入りに研究を重ね、そして試合では打者と対戦して、スイング軌道、ボールの見逃し方を見て、ピッチングの組み立て方を考えていった。

 そしてキレの良いストレートを投げるために、親指部分を強くはじくリリースを行い、チームが使用するラプソードで、田中のストレートは2300と驚異的な回転数を誇り、空振りが奪える。さらに2種類のチェンジアップを自在に投げ分け、ハイレベルな打者が揃う東京六大学でも威力を発揮してきた。

 ラストシーズンとなったこの秋はリーグ最多の4勝をマーク。六大学最後の登板となった30日の明治大戦では9回裏に登板。二死で森下と対戦する場面があった。森下に安打を打たれてしまったが、盗塁を試みた森下を捕手・藤野 隼大が好送球で刺して試合終了。見事にクローザーの役割を果たし、最終戦を飾った。勝利の瞬間、田中は雄たけびをあげながら、藤野と抱き合い喜びを分かち合った。

 熟練した投球術で勝ち星を積み重ねた田中は、グラウンド上では笑顔に溢れ、東京六大学野球ファンからも慕われた。

 現在、野球界全体で投手の球速が格段に速くなっている中で、田中のようにテクニックで勝負できる投手の存在はとても貴重である。大学卒業後、社会人野球で継続予定を明かした田中は、高校、大学でも成し遂げた日本一の座を狙っていく。

【関連記事】
奥川はヤクルト、佐々木はロッテが交渉権獲得!石川、森下、森が一巡目入札!【ドラフト】 【ニュース - 高校野球関連】
「やっと自分の番」ドラフト候補・森下暢仁(明治大)が語ったプロへの真っ直ぐな思い 【ニュース - 高校野球関連】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第975回 4年後はメンタリティも、技術もプロに進むのに相応しい選手へ 山田健太(大阪桐蔭-立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第974回 甲子園で活躍するための練習、生活を送ってきた 山田健太(大阪桐蔭-立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】【ドラフト特集コラム】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第194回 ドラフト指名選手の宝庫!侍ジャパン大学代表の選手を動画で紹介 Vol.1【ドラフト特集コラム】
第17回 2018年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
侍ジャパンU18代表vs立教大【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vs立教大【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
田中 誠也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
森下 暢仁(大分商) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
郡山ら県大会出場を決める!【福島県秋季大会予選・3日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る