広島ドラフト3位・鈴木寛人(霞ヶ浦)が目指すのは先輩・遠藤とともに一軍で活躍!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.31

 プロ野球を見る1つの楽しみとして高校の先輩・後輩のつながりだ。今年のドラフトで注目したいのが、広島東洋カープから3位指名を受けた鈴木 寛人霞ヶ浦)だ。角度を生かした投球フォームから投げ込む最速148キロのストレートは魅力があり、将来のエース候補として期待される。

 筑西田宮ボーイズではエースとして関東大会に出場を果たした。霞ヶ浦に入学した鈴木は周囲の投手陣のレベルの高さに圧倒されたが、必死に食らいついて頭角を表していく。その成長の裏には、2学年上のエース・遠藤 淳志から投球フォームを直接教わり、その動きを習得するために来る日も練習を重ね、体得した時はストレートの球速、制球力も大きく向上させた。

 鈴木は3年夏にエースとして甲子園出場。先輩・遠藤が果たせなかった甲子園出場の夢を果たしたのであった。甲子園では履正社に敗れ、初戦敗退に終わったが、滑らかなフォームから繰り出す140キロ後半の速球、切れのあるスライダー、フォークを投げ込むピッチングに高く評価するスカウトも少なくなかった。そしてドラフトでは、3位に指名され、またフォームを教わった遠藤とともにプレーすることが決まった。

 遠藤は今年は2年目ながら、34試合に登板し、1勝1敗6ホールド、防御率3.16と安定感のあるピッチングを見せた。

 遠藤とともに鈴木は広島で主力投手となれるか。広島は、来シーズンの首脳陣の編成が終わり、これまで一軍投手コーチだった畝龍実氏が三軍統括コーチに回った。投球フォームにこだわりを見せる鈴木にとって「動作解析」のエキスパートと呼ばれる畝氏の三軍統括コーチの就任がプラスに働くか。

 ぜひ霞ヶ浦コンビで2020年代のカープを盛り上げることを期待したい。


【関連記事】
明治大、JR東日本、花咲徳栄に期待がかかる連続ドラフト指名記録 【ニュース - 高校野球関連】
プロ11年目の技あり打!サイクル安打まで三塁打のみだった、堂林翔太(中京大中京)の手本のような右打ち 【ニュース - 高校野球関連】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
藤代vs霞ヶ浦【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
黒田博樹 世界を制する投球術
鈴木 寛人(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
霞ヶ浦 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「不安が多いです」 奥川恭伸(星稜) ドラフト1か月前に迫った心境に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る