阪神ファン期待の井上広大(履正社)が超えるべきスラッガーは新庄剛志だ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.30

 阪神タイガースからドラフト2位指名を受けた井上 広大履正社)。甲子園優勝に貢献したスラッガーの指名に猛虎ファンは大きく沸いている。

 阪神にとっては待望の高卒右スラッガーである。これまで阪神は高卒の右打ちスラッガーが数多く入団しているが、一定以上の成績を残した選手はごくわずかだった。

 まず2000年代前半に活躍した濱中治(南部出身)は阪神在籍中、70本塁打を放ったが、怪我に苦しみ、期待以上の結果を残せなかった。

 大型内野手として期待されて入団した関本賢太郎(天理出身)も、代打の切り札として活躍するなど、猛虎ファンから愛される存在だったが、48本塁打に終わった。

 直近だと中谷 将大福岡工大城東出身)が2017年に20本塁打を放っているものの、それ以降は二けた本塁打を放っておらず、通算35本塁打に終わっている。

 阪神最高の高卒右打ちスラッガーといえば、新庄剛志(西日本短大附)だろう。1989年のドラフトで5位指名を受けた新庄は、高卒3年目の1992年に11本塁打を放ち、高卒4年目には23本塁打を放つなど、阪神が誇るスラッガーへ成長。さらに守備範囲も広く、一時期、投手を務めた抜群の強肩を生かした守備はまさにファンタジスタだった。
 そんな新庄が阪神在籍中に放った本塁打は145本塁打。阪神最終年となった2000年では28本塁打を放っている。今、振り返ればすごいスラッガーだった。

 井上はこれまで入ったスラッガーの中でもトップレベルの成績を残している。選抜で星稜奥川 恭伸に抑え込まれたことをきっかけに、対応力を磨きにかけ、夏の甲子園決勝では奥川から本塁打を放ち、リベンジに成功。甲子園優勝に大きく貢献した。

 現在は体のキレを落とさないトレーニングをこなしながら練習を行う井上。

 まず1年目は二軍のレギュラーに定着し、どれだけ実績を積み重ねることができるか注目が集まる。


【関連記事】
練習試合で今季初アーチのロッテ・安田尚憲 濃密な下積みを糧に3年目の大ブレイクなるか?! 【ニュース - 高校野球関連】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る