将来はオリックスを担う主力打者へ!太田 椋・宜保翔の高卒1年目コンビに注目!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.29

 今季最下位に終わったオリックス・バファローズ。その中で期待したい若手選手がいる。それが太田 椋天理-オリックス)、宜保 翔未来沖縄出身)の高卒1年目コンビだ。

 2人は高卒1年目ながら、なかなか高い実績を残している。



高校時代の太田 椋

太田 椋天理-オリックス)
6試合 打率.000 0本塁打0打点 (一軍)
64試合 打率.258 6本塁打21打点 (二軍)



高校時代の宜保翔

宜保 翔未来沖縄-オリックス)

8試合  打率.231 0本塁打0打点(一軍)
111試合 打率.227 0本塁打20打点(二軍)

 太田 椋山下 航汰(健大高崎-巨人)と同じ羽曳野ボーイズ出身で、ジャイアンツカップ優勝を経験。さらにはU-15代表にも選ばれ、天理に進むと、2年夏には甲子園4強を経験。最後の夏の甲子園出場はなかったが、高校通算31本塁打を放ち、小園 海斗報徳学園)に並ぶ大型遊撃手として注目を浴びた。太田は3月の対外試合で右手に死球を受け、3か月の離脱をしたが、わずか64試合で6本塁打を打っているところが素晴らしい。1年目から一軍で起用されているように、次世代を担う大型遊撃手としてその片鱗を見せてくれた。

  宜保 翔は3年生になり、野手ではなく、投手として評判となった選手だ。2年秋まで遊撃手だったが、練習でブルペンに入ることが度々あり、そこで140キロ超えを記録していた姿が首脳陣の目に留まり、投手も兼任。3年春には最速145キロをマークし、県大会優勝に貢献した。プロ入り後は類まれな野球センスの高さを生かし野手に専念。111試合出場のうち、二塁手として77試合に出場。さらに一軍にも昇格し、初安打を記録するなど、順調にステップアップしている。

 オリックスの野手で今シーズン、規定打席に到達したのは吉田 正尚敦賀気比出身)、福田周平(広陵出身)、若月 健矢花咲徳栄出身)の3名。それ以外は不動のレギュラーというべき選手はまだいないだけに、多くの選手にチャンスはある。来年高卒2年目を迎える太田、宜保の2人は今年よりも一軍で実績をつかみ、将来の飛躍のきっかけとすることができるか、注目したい。

【関連記事】
将来に胸を膨らませる内容!オリックスの期待の若手コンビ・太田椋、宜保翔 【ニュース - 高校野球関連】
富山、斎藤、吉田、漆原の若手投手リレー!新生・中嶋オリックスは高校野球ファン的にもわくわくする選手起用だ 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第87回 西浦 颯大(オリックス・バファローズ/右翼手) 「不完全燃焼」だった明徳義塾時代を糧に【高校野球コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
第318回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【後編】「T-岡田選手が球児に教える『野球の探求法』」 【2015年インタビュー】
第317回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【前編】「野球を学び、新たな自分を創る」 【2015年インタビュー】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第268回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.4】「現在の守備の土台となった高校時代のトレーニング」 【2015年インタビュー】
宜保 翔(未来沖縄) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
【中国】下関国際、宇部鴻城がベスト4進出!26日からは岡山県大会開幕!<25日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る