【ドラフト総括・広島東洋カープ】将来性抜群の148キロ右腕・鈴木にU-18ベストナインの韮澤を指名

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.19

  10月17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、総勢107名(支配下74名、育成33名)が指名を受けた。そこで、高校野球ドットコムでは各球団のドラフトについて、主に高卒選手にスポットを当て、ドラフト指名を総括したい。今回は広島東洋カープを見ていく。


広島東洋カープ
1位 森下 暢仁(明治大)
2位 宇草 孔基(法政大学)
3位 鈴木 寛人霞ヶ浦
4位 韮沢 雄也花咲徳栄
5位 石原 貴規(天理大学)
6位 玉村 昇悟丹生
育成1位 持丸 泰輝旭川大高
育成2位 木下 元秀敦賀気比
育成3位 畝章真(香川オリーブガイナーズ)

 高校生最上位で指名したのは霞ヶ浦の最速148キロ右腕・鈴木 寛人だ。しなやかなフォームから投げ込む切れ味抜群の速球は高い将来性を感じさせる。一部では外れ1位候補とも目されていた右腕を、この順位で指名できたのはラッキーだった。将来のエース候補として、長期的な視野をもって育成していきたい。

 4位の韮沢 雄也花咲徳栄)はU-18にも選出された世代屈指のヒットメーカーだ。コンパクトなスイングからヒットを量産し、守備でも三遊間の深い位置からノーバウント送球で打者をアウトにする。U-18ではなれない一塁手での出場ながらベストナインを受賞した。今年一軍の舞台で活躍を見せた小園 海斗と争うことになるが、まずはファームでスタメンをつかみ取り、じっくり力をつけて3年目あたりでのデビューを期待したい。

 6位の玉村 昇悟丹生)は、素材型の速球派左腕だ。ゆったりとしたフォームから繰り出す最速147キロの速球は持ち味。全国的には無名の存在だが、知る人ぞ知る好左腕として、福井の地で牙を研いできた。まずはファームで出場機会を掴み、将来的には鈴木との左右の二枚看板となることを期待したい。

 育成1位の持丸 泰輝旭川大高)は2年連続夏の甲子園を経験している強打の捕手。リストの効いた打撃で鋭い当たりを放つ。捕手は比較的時間をかけて育成する広島だが、まずは支配下を目指し、光るものをアピールしたい。

 育成2位の木下 元秀は強豪・敦賀気比の四番・投手を務めたスラッガーだ。プロではその長打力に磨きをかけ、まずはファームでの出場機会を掴みたい。

 高卒指名に関しては、広島らしく将来性をにらんだ指名が多かった。即戦力とはいかなくても、広島の厳しい練習を乗り越えれば、数年後に大きく育ちそうなスケール感がある。上位で即戦力の大学生も獲れ、良い指名となった。

記事:林龍也

【関連記事】
「新潟や埼玉に恩返しできるように活躍を」広島4位指名の韮澤雄也(花咲徳栄)が中学生に野球指導 【ニュース - 高校野球関連】
プレミア12大活躍の鈴木誠也(広島東洋)は高校時代も国際大会の活躍から急成長につなげていた 【ニュース - 高校野球関連】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第11回 「素材重視の指名か」スポーツライター・小関順二さんが日本ハムのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
黒田博樹 世界を制する投球術

コメントを投稿する

前の記事:
夏の覇者・國學院久我山が延長13回の死闘制す!関東一、日大三なども勝利!【秋季東京都大会・19日の結果】
次の記事:
明豊が超乱打戦を制して2回戦へ!沖縄尚学は1点差で逃げ切る!【秋季九州大会・19日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る