10月19日から開幕した第72回秋季関東大会。東海大相模vs駿台甲府の一戦は東海大相模が13対2の6回コールド勝ちで準々決勝進出を決めた。

 1回表、東海大相模は4番・西川 僚祐の2点適時打をきっかけに打者12人の攻めで、9点を奪う。

 その後、駿台甲府は4回裏、6番・亀田 拓実の適時打で1点を返す。その後も東海大相模は6,7回と点を加え、14対2と突き放し、7回コールド勝ちを決めた。

 プロ注目のスラッガー・西川 僚祐は5打数3安打4打点の大活躍を見せた。

 準々決勝進出を決めた東海大相模は、習志野前橋育英の勝者と対戦する。

■日程詳細・応援メッセージ
第72回 秋季関東地区高等学校野球大会

◇19日の試合予定

第72回 秋季関東地区高等学校野球大会

第72回 秋季関東地区高等学校野球大会
1回戦 東海大相模 14  -  2    駿台甲府 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)
習志野    7  -  3    前橋育英 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)
桐光学園    4  -  2    霞ヶ浦 高崎市城南野球場