【ドラフト総括・東京ヤクルトスワローズ】即戦力級の奥川に、中長期的な育成を視野に入れた長岡、武岡指名

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.18

 10月17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、総勢107名(支配下74名、育成33名)が指名を受けた。そこで、高校野球ドットコムでは各球団のドラフトについて、主に高卒選手にスポットを当て、ドラフト指名を総括したい。第1回は東京ヤクルトスワローズ。


東京ヤクルトスワローズ
1位 奥川 恭伸星稜
2位 吉田 大喜大冠-日体大)
3位 杉山 晃基盛岡大附‐創価大学)
4位 大西 広樹大阪商業大高-大商大)
5位 長岡 秀樹八千代松陰
6位 武岡 龍世八戸学院光星

 佐々木朗希(大船渡)と並び、高校トップの投手である奥川 恭伸星稜)を獲得できたのが何より大きい。故障さえなければ1年目からローテーションに入れるほとの能力を持っているが、まずは焦らずにプロで戦えるだけの体力をつけていきたい。未来のエース候補として大いに期待できる逸材のため、1年目の終盤にデビューするくらいのスケジュールでも十分お釣りがくるだろう。

 5位指名の長岡 秀樹八千代松陰)は高校通算本塁打はそこまで多くはないが、140キロ台の速球もスタンドまで運べるパンチ力を持つ。スピードと強肩を生かした守備力も武器に、まずはファームでの出場機会を掴み、数年後の燕の内野争いに加わりたい。

 6位の武岡 龍世八戸学院光星)はU-18の正遊撃手を務めた守備力が魅力だ。今季広島で1年目ながら活躍を見せた「小園 海斗のよう」という声もあり、この順位で獲得できたのは運が良かったと言える。甲子園でもホームランを放つなど、打撃力もあるため、1年目からファームのレギュラーを掴み、2、3年目に一軍の遊撃手争いに加わることを期待したい。

 投手陣の立て直しが急務なため、奥川をはじめ上位~中位では即戦力投手を多く指名し、下位では中長期的に育成したい内野手を獲得するという方針が明確なドラフトだった。

記事:林龍也

【関連記事】
俳優・吉村卓也氏が今年のドラフト会議を振り返る!成功した球団はどこだ? 【ニュース - コラム】
NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった! 【ニュース - コラム】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
館山昌平、復活への道

コメントを投稿する

前の記事:
大きく分けて三種類!高校野球のユニフォームをカテゴリ分け!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る