10月17日(木)「2019ドラフト会議supported by リポビタンD」が都内ホテルで開催され、四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズからは右サイドハンドの畝章真(うね・たかまさ)投手が広島東洋カープから育成3位指名を受けた。過去24名の選手をNPBへ送り出してきた香川オリーブガイナーズにとっては実に3年ぶりのドラフト指名。今季限りで退任が決まっている西田真二監督は最後に自身の出身チームへ選手を送り出して有終の美を飾ることとなった。

 「広島東洋 うね たかまさ 投手 香川オリーブガイナーズ」
 この名前が読み上げられた瞬間、香川・野球に関わりのあるメディア関係者が数多く詰めかけた香川オリーブガイナーズの指名会見場には歓喜、というよりはホッとした空気に包まれた。

 畝は広島東洋カープで変則左腕として活躍し現在は一軍投手コーチを務める畝 龍実(うね たつみ)氏の実子で、広島新庄(広島)高から名古屋商科大を経て、香川オリーブガイナーズで2年目を迎えた投手。高校では田口 麗斗(読売ジャイアンツ・投手)と同じ釜の飯を食う内野手だった。

 その後、大学から本格的にピッチングへ取り組んだ遅咲きの花は、香川オリーブガイナーズで開花。コントロールと変化球に磨きをかけながら1年目から先発ローテーションの一角を担い、今季は「すごく器用な選手」と西田監督も評するように、カウント球にも勝負球にもできるスライダー、他にもカットボール、フォーク、ツーシーム、シンカー、カーブ、チェンジアップという7色の変化球を操って5勝をマーク。四国アイランドリーグplus後期における香川オリーブガイナーズ優勝争いの軸となった。

 その一方「球速はまだまだ。足りていないのでそこを伸ばしたい。」と本人も認めるように最速142キロはNPB投手としては物足りないもの。だが、今季は後期から腕の振りをサイドまで下げ、徐々に成果が出てきている途上。事実、先ごろまで参加していた「みやざき・フェニックスリーグ2019」でも東京ヤクルトスワローズ戦で1回2奪三振無失点の好投を演じている。

 あとはいかに過去、スペシャルサブとして一軍で欠かせない存在となった三輪 正義(東京ヤクルトスワローズ・今季で引退)や水口 大地(埼玉西武ライオンズ)に代表されるように、NPBへ入ることで満足せずに特徴を存分に発揮し、育成からでも支配下・一軍を次々と勝ち取っていった「西田ガイナーズ魂」と「広島の練習は厳しいが、ついていけるようになって『広島の選手』となれればスピードも年齢的にまだまだ伸びる」と四国学院大から2001年ドラフト10位で広島東洋カープに入団し、5年間で121試合登板・5勝6敗の実績を残した天野 浩一 香川オリーブガイナーズコーチも語った「カープ魂」をいかに融合し体現できるか。

 

 「1イニングをしっかり抑えられる、独立リーグでやってきたように一人ずつ丁寧に抑える投手を目指す。父のいる世界へ飛び込めたので、一軍へ近づけるよう頑張りたい」父子鯉・畝 章真は7色の変化球を武器として、まずは支配下登録へ向かって真鯉(まごい)が緋鯉(ひごい)の成長を待っている場所への滝登りを狙う。

文・写真=上溝 真司