3球団の競合の末、奥川恭伸(星稜)の交渉権は東京ヤクルトスワローズが獲得!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.17

東京ヤクルトが交渉権を獲得した奥川恭伸(星稜)

3球団の競合の末、奥川恭伸(星稜)の交渉権は東京ヤクルトが獲得!

 10月17日の17時より行われているプロ野球ドラフト会議は、1位指名の選手が出揃った。注目投手の一人である星稜の154キロ右腕・奥川恭伸は、3球団の競合の末、交渉権は東京ヤクルトスワローズが獲得した。

 ヤクルト、阪神、巨人の3球団から指名を受けた奥川。東京ヤクルトの高津新監督が交渉権獲得のクジを引くと、交渉権獲得のクジを持った右手を高く掲げた。高校球界屈指の右腕が、スワローズでどんな活躍を見せるか注目だ。

ドラフト特設サイトページ


【関連記事】
俳優・吉村卓也氏が今年のドラフト会議を振り返る!成功した球団はどこだ? 【ニュース - コラム】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
奥川恭伸に背番号「11」に!東京ヤクルトが求められること 【ニュース - 高校野球関連】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
都立桜修館vs目黒日大【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
春季近畿地区高校野球大会大阪府予選 閉会式【大阪府 2016年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
都立墨田工vs都立千歳丘【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
東京都高校野球選抜vs日本大学1、2年生【2014年 練習試合(交流試合)・秋】
第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選 開会式【鹿児島県 2014年秋の大会 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
記念大会を盛り上げる16名の打者たち【明治神宮大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る