不安とワクワクを胸に抱いて!履正社・井上広大が現在の心境を明かす!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.10

井上広大

 ドラフトまで残り1週間と差し迫った10月10日。運命の日を心待ちにしているスラッガーが大阪にいる。その男こそ、甲子園優勝校・履正社の4番・井上 広大だ。

 「楽しみでもありますが、ドキドキもあります」と語る井上。鋭く真っすぐな眼差しで答えるが、その理由は、「安田 尚憲さんみたいにきちんと答えられるか。そっちの方が心配です」と少し意外な答えを出してくれた。

 履正社での3年間で多くのことを学び続けた井上。プロの世界に向けて技術面の方はどう感じているのか聞いてみると、「プロに入っても最低でも3年は2軍で力を付けられればと思います。まずは基礎を2軍でやっていければと思います」

 特にキレの良い変化球をいかに見極められるか。そしてプロレベルのスピードに慣れることができるか。この2つがポイントを井上は考える。

 今後のビジョンについて「自分は一発を打って点数を取るタイプなので、目指すは岡本 和真さんのような選手ですね」とハッキリ語る井上。来る17日に井上のところに吉報は届くのか。

 井上 広大選手のインタビューは後日公開予定です。お楽しみに!

関連記事はこちらから
高校通算45本塁打のスラッガー・井上広大(履正社)は思考力も非凡。ポイントは「体の中で振る」

【関連記事】
秋季近畿大会は天候不良のため順延 【ニュース - 高校野球関連】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
今年の王者・履正社の主砲!井上広大の全国制覇までの試練の道のりとは? 【ニュース - インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第236回 今年の高校生外野手は井上、菊田を筆頭にスラッガー揃い!【厳選9外野手リスト】【ドラフト特集コラム】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
履正社vs中京学院大中京【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る