ドラフトもあと10日ほど。ドラフト1位候補として注目されるのが奥川 恭伸星稜)だ。その奥川の成長を3年間を見守りつづけてきたのが、林和成監督だ。林監督に奥川を見てきて抱いた印象。そしてプロを目指す奥川へエールをいただいた。

――まず奥川投手の3年間の成長について伺いしたいと思います。

林和成監督(以下 林監督) この3年間、彼自身、壁にあたることもあり、いろいろ波がありました。その中でも順調に成長曲線を描いてくれたと思います。3年間、頑張って伸びてくれたなと思います。

――星稜高校は奥川投手だけではなく、プロで活躍している岩下 大輝投手(千葉ロッテ)を筆頭に上のステージで活躍する右の速球投手が多いです。奥川投手は林監督がこれまで指導してきた投手と違って何が優れていますか?

林監督 彼が入学して一番驚いたのは、打者の表情を見てしっかりと勝負ができる点ですね。表情だけではなく、スイングを見て、勝負ができるんです。

 普通はまずストライクを取ることで精いっぱいで、自分との戦いから始まる投手が多い中で、しっかりと打者と勝負できるところは入学した時点で持ち併せていましたので、あとは球質、変化球、コントロールを磨いていけば、順調に伸びていく投手だとみていました。

――打者との駆け引きはなかなか教えてできるものではないだけに凄い長所だと感じます。

林監督 そうです。打者との駆け引きはなかなか教えてできるものではなく、そういったところはすでに身についていたと思います。

――奥川投手のピッチングをずっと見てきて思ったのは、その試合によって軸となる球種が変わっていて、投球を組み立てられるのが凄いなと感じました。

林監督 そうですね。相手選手、相手チームの力量を見て、自分の引き出しを出しながら、抑えるためのピッチングを組み立てられる点は高校生離れしていたと思います。

――ありがとうございます。奥川投手はプロの舞台を目指しますが、どんなピッチャーになっていただきたいですか?

林監督 ぜひスケールが大きい投手になってほしいですね。その上でナンバーワンピッチャーを目指して頑張っていきたいです。