習志野拓大紅陵。千葉を牽引してきた強豪同士の決勝戦。5日に続いて6日も試合開始2時間以上前に開場し、多くの高校野球ファンがゼットエーボールパークに駆け付けた。

 先攻の習志野は1番・和田 泰征の二塁打でチャンスを作ると、3番・角田 勇斗のスクイズで習志野が先取点をもぎ取ることに成功。

 直後、先発の堀井 遥斗拓大紅陵の1番・柏木勇人のヒットを皮切りに1点を失うものの3回、8番・宮下征也がヒットでチャンスメイクする。得点圏に進むと、1番・和田がこの試合2本目の二塁打で勝ち越しに成功。

 その後、習志野打線が爆発し一挙7得点。8対1と一気に試合の主導権を握ると、堀井から山根 雄峰が引き継いで拓大紅陵打線を封じ込める。

 打線も着実に点数を加えて、習志野拓大紅陵を14対3で下して見事6年ぶり9回目の優勝。関東大会へ向けて弾みをつけることが出来た。

■日程詳細・応援メッセージ
第72回 秋季千葉県高等学校野球大会
第1ブロック 
第2ブロック 
第3ブロック 
第4ブロック 
第5ブロック 
第6ブロック 
第7ブロック 
第8ブロック

◇6日の試合結果