今週末は近畿地区の高校野球が面白い!今日は兵庫・京都など4地区で準決勝開催...見どころはここ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.05

明石商・来田涼斗 *写真:共同通信

今週末に開催される6府県の地区大会の見所を一挙紹介!

 10月5日、6日は、近畿地区の各府県にて準決勝・決勝が開催される。

 5日は、京都、和歌山、奈良、兵庫では準決勝が予定され、大阪は履正社が国体に出場したことでスケジュールが変更され、6日が準決勝となった。そんな近畿地区6府県の見所を紹介したい。

【京都】
▼準決勝
東山vs京都外大西
西城陽vs京都翔英
 京都の準決勝2カードは見所満載。準々決勝で龍谷大平安との激戦を制した東山と、京都外大西との一戦。京都外大西は、準々決勝の京都国際戦で、1対6で迎えた9回表に8得点を入れて逆転に成功し準決勝に駒を進めてきた。どちらも勢いに乗るチームなだけに対戦が楽しみだ。
 西城陽は、この4月から元プロの染田賢作監督が就任し、今大会では一気に4強まで勝ち進んだ。京都翔英も安定した戦力で、近畿大会出場を狙える実力は十分にある。注目の一戦となりそうだ。

【兵庫】
▼準決勝
明石商vs神戸国際大附
長田vs報徳学園
 この夏の兵庫大会の決勝戦と同じカードとなった明石商vs神戸国際大附。夏は明石商が、9回表に逆転して甲子園出場を決めたが、この試合も大きくもつれそう。
また2016年に、21世紀枠として甲子園に出場した長田はここまで快進撃を見せている。相手は甲子園常連の報徳学園。面白いカードとなりそうだ。

【奈良】
▼準決勝
奈良大附vs奈良
天理vs智辯学園
 天理vs智辯学園が準決勝で激突する。近畿大会出場をかけた戦いは見ごたえのあるものとなりそうだ。
 またこの夏の奈良大会で、智辯学園と死闘を繰り広げた奈良大附も侮れないチーム。奈良と決勝進出をかけて戦う。

【和歌山】
▼準決勝
市立和歌山vs和歌山南陵
智辯和歌山vs日高中津
 2019年選抜出場の市立和歌山は、和歌山南陵と対戦。夏の甲子園に出場した智辯和歌山は、日高中津と対戦する。智辯和歌山は、前チームからの主力選手も残っているが、準決勝ではどんな戦いをみせるのか。楽しみな一戦となる。

 【滋賀】
▼決勝
近江vs立命館守山
▼3位決定戦 伊香vs綾羽
  近江は世代を代表するショートストップ・土田 龍空主将を中心にまとまった。立命館守山は、創部4年目で初の近畿大会出場を決めた。当時・社会人野球のかずさマジックのメンバーとして、2013年に日本選手権優勝に貢献した秋武祥仁監督の下、鍛え上げられてきた。名門vs新鋭校との決勝戦に注目が集まる。
 3位決定戦に登場する伊香は、2回戦で滋賀学園に完封勝利。準決勝でも近江に0対1の大接戦を演じた。対するは、実力校・綾羽。近畿大会出場枠はどちらのチームが手にするのか。 

【大阪】▼準決勝
大阪桐蔭vs初芝立命館
履正社vs]金光大阪
 大阪桐蔭は順当に勝ち上がってきた。準々決勝の上宮戦でも11対0と大勝。左腕・藤江 星河、2年生スラッガー・西野 力矢以外にも新戦力が多く登場している。

 履正社も6試合連続でコールド勝ちを収めており、今年も打線は超強力。エース・岩崎 峻典は甲子園の経験からさらに成長を見せており、府内では敵なしのピッチングを見せている。準決勝は夏の決勝戦で対決した金光大阪。実力校同士の一戦は大きく盛り上がりそうだ。

 週末の近畿地区の高校野球は、どの地区も面白く、見逃せないカードが目白押しだ。近畿大会出場を決めるのはどのチームになるのか、楽しみだ。

【関連記事】
智辯学園vs奈良大附など熱戦続く!新生・横浜が初戦迎える5日の注目カード! 【ニュース - 高校野球関連】
近江vs草津東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
天理vs奈良朱雀【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
高田商vs奈良【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
智辯学園vs関西中央【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
奈良大附vs五條【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
【近畿】古豪・箕島がサヨナラ勝利!智辯学園も登場<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
綾羽 【高校別データ】
伊香 【高校別データ】
高田商 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
京都外大西 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
桜井 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
長田 【高校別データ】
奈良 【高校別データ】
奈良北 【高校別データ】
奈良女子大附 【高校別データ】
奈良女子大附・高円 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
西城陽 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
立命館守山 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【東海】帝京可児などが勝利!静岡はベスト8が出揃う<24日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る