国体準決勝の見どころポイントは?3年ぶりの国体優勝を狙う履正社の強打に注目!【国体ガイド】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.01

2回戦で先頭打者本塁打を放った桃谷
国体準決勝の見どころポイントは?3年ぶりの国体優勝を狙う履正社の強打に注目!

 9月29日から茨城県・水戸市で開幕した第74回国民体育大会。大会3日目は準決勝が行われる。夏優勝の履正社は国体でも強さを発揮しており、2016年以来となる国体優勝へ期待がかかる。そんな準決勝の見所を紹介したい。

第1試合 関東一vs仙台育英

 明石商戦では2本塁打が飛び出し打線好調な関東一。登板が予想される2番手の速球派右腕・谷 幸之助のピッチングにも期待がかかる。3年生が木製バットを使用している仙台育英打線だが、木製バットにも対応できている選手が多く、中里 光貴千葉 蓮など巧打者を中心に打ち崩していきたい。

 継投策で勝負する仙台育英のカギを握るのは今大会、最速146キロを計測したエース・大栄 陽斗。好リリーフを見せるエースのピッチングに期待したい。

第2試合 履正社vs海星 

 履正社は2試合で17得点を挙げた強打が脅威。立ち上がりからどんな打撃を見せるか。

 対する海星も、2回戦で霞ヶ浦のプロ注目右腕・鈴木 寛人を攻略した打撃力は侮れない。速球派リリーバー・江越 永輝 のピッチングにも期待がかかる。

【大会日程・応援メッセージ】
2019年 第74回 国民体育大会

◇1日の予定

第74回 国民体育大会
準決勝 関東一 10  -  2   仙台育英 水戸市民球場 応援メッセージ (2)
海星   6  -  2   履正社 水戸市民球場 応援メッセージ (1)
【関連記事】
昨夏甲子園ベスト8の関東一は環境整備に努めながら再開の時を待つ 【ニュース - 高校野球関連】
戦争の影響を強く受けた沖縄の高校野球 歴史を彩ってきた沖縄の公立高校にはどんな高校があるのか? 【ニュース - コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
攻守にわたってシブい存在感を見せた中野堅士郎(筑後サザンホークス)の魅力とは?!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る