「上のレベルで勝負したい」 韓国の地で遠藤成が口にしていたプロへの強い思い

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.28

WBSC U-15ワールドカップでの遠藤成(東海大相模)

 9月24日、東海大相模のドラフト候補・遠藤 成がプロ志望届を提出した。

 非常に遠藤らしい選択だと思った。

 高校通算45本塁打を放つ強打に加えて、投手としても最速145キロの直球を投げ込むなど、高い身体能力が魅力で、また8月30日から韓国・機張郡で行われたWBSC U-18ベースボールワールドカップにも日本代表として出場。

 海外の投手が投げる「動くボール」への対応に苦しむ一方で、木製バットにはしっかりと対応するなど実践力も見せた遠藤。
 実はこの時、韓国の地で密かにプロへの強い思いを口にしていた。

「自分は上のレベルで勝負したいと思っています。自分の中ではもう決めています」

 中には、大学進学を勧める声もあることを明かした遠藤。だがプロへの思いは決してブレることはなかった。

 振り返れば、身体能力以上に遠藤の強みとなっていたのが「意思の強さ」だった。
 東海大相模でも、好守にわたって「覇気」を前面に出したプレーがいつも目を引き、日本代表でも初戦のスペイン戦で勝ち越しのタイムリーを放つなど勝負強さを見せる。
 まさに東海大相模のスローガンである、「アグレッシブ・ベースボール」を体現するような選手だった。

 人生の岐路においても自らの意思を貫き、一寸の迷いも見せなかった遠藤。
 だがプロの世界で生き抜くためには、この「意思の強さ」こそが何よりも大きな武器となる。

 来たる10月17日のドラフト会議、遠藤の指名が待ち遠しい。

(記事・栗崎 祐太朗)

【関連記事】
朝ドラで話題沸騰の「紺碧の空」 高校野球でも耳にする大学野球界の応援歌の鉄板曲を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
遠藤 成(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
大阪桐蔭が二季連続出場!大冠との打撃戦を制する
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る