巨人・阿部慎之助が現役引退 母校・安田学園OBは引退後も活躍

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.26

 巨人の阿部慎之助が現役を引退する。阿部は2000年のドラフト1位(逆指名)で中央大学から巨人へと入団。19年間に渡ってチームを引っ張ってきた。

 19年目の今シーズンも代打の切り札、そして一塁のスタメンとして合計93試合に出場。打率.297(155打数46安打)、6本塁打、26打点と40歳を感じさせない成績を残している。

 また現役引退が報じられる直前に行われた9月23日のヤクルト戦(神宮)では、豪快な本塁打を放った。まさに来シーズンも戦力として十分貢献できそうな中での発表だったのである。

現役引退後に活躍



阿部慎之助(巨人)
 

 そんな阿部は東京の安田学園高校出身。二松学舎大附属高校、帝京高校、関東一高校など強豪も多い東東京に分類されており、春・夏を通じて甲子園の舞台に立ったのは1度だけしかない。それも阿部の在学時ではなく、2013年の選抜高校野球大会と比較的最近のことだった。

 さらにOBにおけるプロ野球選手も阿部を含めて4人だけ。プロ野球の世界では、とりわけ有名な高校というわけではない。

 しかし、現役引退後に活躍している人物が多い。

 現役時代にヤクルトで活躍し、引退後も複数の球団で指導者として結果を残している橋上秀樹が有名なところだろう。

 橋上と同じヤクルトでプレーした幸田正広も同校のOBだ。幸田は現役時代に39試合の出場に留まり、大成したとは言い難い。しかし、その後はベースボールスクールや尚美学園大学(女子)のコーチとして実績を残している。尚美学園大学は、今年の全日本女子硬式野球選手権に優勝したことでも知られる名門である。

 その他にはロッテなどでプレーした岸川登俊もそうだ。岸川は選手時代に左の中継ぎとして起用されていたが、目立った成績を残すことはできず2001年に現役を引退。翌2002年から打撃投手として巨人に入団し、16年間に渡りその職を全うしてきた。後輩である阿部や高橋由伸のパートナーとしても知られていた存在である。

 阿部も母校の先輩たちに続き、現役引退後も活躍することができるだろうか。どのようなポストに就くのかは明らかになっていないが、現役を引退してからも阿部の動向には注目だ。

<成績>
阿部慎之助(巨人)
(2019)93試合/打率.297(155打数46安打)/6本塁打/26打点
(通算)2280試合/打率.284(7511打数2131安打)/405本塁打/1284打点

※数字は2019年9月24日終了時点

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
三木肇新監督の母校である上宮高校のOBは? 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト1位も育成も結果を残したCSファイナルステージ 【ニュース - 高校野球関連】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第89回 稀代のスラッガー・阿部慎之助が引退 今なお輝きを放つ5名の2000年ドラフト戦士たち【高校野球コラム】
都立小山台vs安田学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
安田学園vs日工大駒場【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!【野球部訪問】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
安田学園vs都立国分寺【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
安田学園vs都立小山台【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
安田学園vs明大中野【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第39回 読売ジャイアンツ 阿部 慎之助選手 【2009年インタビュー】
安田学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
慢心なきドラフト候補・藤田健斗(中京学院大中京) 成長の支えとなった「視点」とは?【前編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る