八戸学院光星、筑陽学園など夏の甲子園出場校8校が敗退

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.16

甲子園では満塁本塁打を放った元謙太(中京学院大中京) ※写真=共同通信社

 全国各地で開催されている秋季大会。高校野球の難しさは夏が終わった段階で一度リセットし、再びチームを作り上げること。勝ち続けるほど新チームの発足は遅れる。やはりその影響が出てしまい、早期敗退しているチームは多い。今回はそんなチームをまとめた。

青森 八戸学院光星 3vs10 東奥義塾 1回戦
福島 聖光学院  2vs10 学法石川 2回戦
秋田 秋田中央 3vs4 能代松陽 2回戦
愛知     0vs1 名古屋国際 1回戦
岐阜 中京学院大中京 5vs6 岐阜聖徳学園 2回戦
福岡 筑陽学園 4vs6 福岡大大濠 2回戦
広島 広島商 4vs5 広島新庄 2回戦
大分 藤蔭  0vs4 日田 1回戦
 夏の甲子園出場チームでは、8チームが敗れており、昨年選抜出場の札幌第一、昨秋静岡準優勝の御殿場西、夏4強の滋賀学園聖光学院も敗れている。改めて勝ち続ける難しさを感じる。

 

【関連記事】
【前編】興味本位から切り開いた聖光学院への道 プロ注目・佐藤都志也(東洋大学)のルーツ 【ニュース - インタビュー】
【後編】夢追人・佐藤都志也(東洋大学)4年越しの悲願をその手に 【ニュース - インタビュー】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語る、バッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
海星vs聖光学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
聖光学院 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
関東一、國學院久我山の初戦は?組み合わせ結果をトーナメント表でチェック!【秋季東京都大会一次予選】
次の記事:
【前編】東洋大の期待の大砲・山田知輝の打者転向のきっかけと幼少期の取り組みとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る