神村学園、鹿児島実業の初戦は?組み合わせをトーナメント表でチェック!【秋季鹿児島県大会】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.09.09

第145回九州地区高校野球大会鹿児島県予選


 第145回九州地区高校野球大会鹿児島県予選の組み合わせ抽選会が9月9日、鹿児島市の鶴丸高文化館であり、連合6チームを含む61チーム73校の対戦カードが決まった。

 夏の甲子園出場校・神村学園がエース田中 瞬太朗、4番・桑原 秀侍ら夏を経験した2年生主力選手が多く残っており、優勝校の筆頭に挙げられるが、組み合わせのすぐ下に鹿児島情報鹿児島れいめい鹿児島城西と強豪私学が名を連ねている。加治木工川内商工鹿児島南出水中央枕崎鹿児島商鹿児島工川内など初戦から好勝負が予想されるカードが多い。鹿児島市大会を制した鹿児島実、準優勝の鹿児島玉龍、夏準優勝の鹿屋中央、大島地区大会を制した大島などのシード勢はどれだけ地力を発揮できるか。神村学園だけでなく、夏の主力だった1、2年生投手が順調に成長し、安定した力を発揮すれば、新チーム最初の県大会らしからぬ引き締まったレベルの高い大会になりそうだ。

■日程詳細・応援メッセージ
第145回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選

◇21日の試合予定

【関連記事】
2年ぶりの関東大会出場を狙う桐光学園、東海大相模など神奈川準決勝2試合は激アツ! 【ニュース - 高校野球関連】
枕崎、9回逆転勝ち! 鹿児島工・政倉、3安打完封【秋季鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第969回 神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第799回 神村学園、攻守に安定感 「守り勝つ」野球を再認識  2018秋鹿児島大会総括【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る