侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.22

ランニングをする代表の選手たち

【合宿1日目の様子をギャラリーでチェック!】

 8月22日、侍ジャパンU-18代表の合宿がスタート。第1日は都内グラウンドで開催された。選手たちは15時前にグラウンドイン。
 永田代表監督は選手たちに「日の丸を背負う重みを感じながら、熱い気持ちをもってプレーすることを話し合いました」とまず選手の意識を高めることに努めた。

 その後、選手たちはアップ、投内連携、内外野の連携をこなしながら、調整を行った。

 また投球練習では、投手全員がブルペン入り。それぞれが自慢の速球、決め球を投げ込み仕上がりの良さをアピール。ブルペンで見ていた永田監督からも「その変化球は使えるぞ!」と声が飛んだ。

 永田監督の指示で、球数は少なめで、投手はそれぞれ20球程度。
 「みんな良いところはわかっていますので、わざわざここでアピールする必要はないと。アピールするのは実戦の場やと伝えました。だから明日からオープン戦も予定されていますが、みんな投げたいという希望が出ておりまして、うまく全員が投げられるよう配分したいと思います」
 明日から続くオープン戦へ向けての構想を話した。

 野手はフリー打撃を行った後に全員で素振り。そして最後はマシンでボールを見極める練習を行い、18時過ぎに練習が終了した。初日の練習を終えて永田代表監督は「初日にしては活発に練習はできていたと思いますし、選手たちも話し合いができていたかなと思います」と振り返った

 また今年のチームの主将は坂下 翔馬智辯学園)に決まった。永田監督によると、坂下のガッツ溢れる姿勢が首脳陣の目に留まり、さらに智辯学園の小坂監督にも話を聞いたうえで選出に至った。

 なお、星稜奥川 恭伸山瀬 慎之助のバッテリーは24日の夕方に合流し、25日から練習に参加する。

 目指すは世界一。限られた練習、実戦機会でチームの状態を最高潮に仕上げる。

コメントを投稿する

前の記事:
八尾、近大付が勝利!12日の結果をトーナメント表でチェック!【大阪大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る