履正社、星稜が決勝で激突【第101回選手権大会トーナメント表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.20

第101回 全国高等学校野球選手権大会  トーナメント表

■8月6日~
第101回全国高等学校野球選手権大会


 8月20日、第101回全国高等学校野球選手権大会13日目は準決勝2試合が行われた。

 第1試合の履正社明石商の一戦は履正社打線が1回表に打者9人の攻めで、明石商のエース・中森 俊介から4点を先制。その後も点を重ねていき、7対1で明石商を下し決勝進出を決めた。

 第2試合の星稜vs中京学院大中京の一戦は星稜のエース・奥川 恭伸が7回を投げて、被安打2、10奪三振、無四球の好投でゲームメイク。9対0で下し、24年ぶりの決勝進出を決めた。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
「不安が多いです」 奥川恭伸(星稜) ドラフト1か月前に迫った心境に迫る 【ニュース - 高校野球関連】
背番号「11」=切り札? これまで背番号11を背負ってきた選手の活躍を振り返る 【ニュース - コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「コトダマ」企画特別編!球児がグラブの刺繍に込めた想いとは―
次の記事:
秋の広島を制するチームはどこだ?秋季広島県大会を徹底解剖!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る