履正社、星稜が決勝で激突【第101回選手権大会トーナメント表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.20

第101回 全国高等学校野球選手権大会  トーナメント表

■8月6日~
第101回全国高等学校野球選手権大会


 8月20日、第101回全国高等学校野球選手権大会13日目は準決勝2試合が行われた。

 第1試合の履正社明石商の一戦は履正社打線が1回表に打者9人の攻めで、明石商のエース・中森 俊介から4点を先制。その後も点を重ねていき、7対1で明石商を下し決勝進出を決めた。

 第2試合の星稜vs中京学院大中京の一戦は星稜のエース・奥川 恭伸が7回を投げて、被安打2、10奪三振、無四球の好投でゲームメイク。9対0で下し、24年ぶりの決勝進出を決めた。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
1本塁打2安打3打点の阪神2位の井上広大の活躍の背景にあった打ち損じしない技術の高さ 【ニュース - 高校野球関連】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第4回 岐阜聖徳学園(岐阜) 「名物練習はロッキー!県立岐阜商を倒して県8強以上、そして甲子園へ!」【冬が僕らを強くする2020】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る